ソニーのYouTubeカメラ bloggie 国内発表、レンズ回転 & 360度撮影モデルも

Haruka Ueda
Haruka Ueda
2010年01月19日, 午後 01:45 in bloggie
0シェア


先週末から今週頭にかけて、ソニーからはVAIO(マルチメディアノートFWiMAX標準搭載Sなど)、TrasferJet対応サイバーショット、ハンディカムといった多数の新製品が発表されました。さらにこうしたお馴染みブランドに加えて、bloggie(ブロギー)なる新ブランドの小型ビデオカメラも発表されています。いわゆるYouTubeカメラ市場に同社が乗り込むのは初めてではありませんが、国内での発売はなかなか新鮮。ちなみに同社の表現に従えば、YouTubeカメラでもeyeVioカメラでもなく「モバイルHDスナップカメラ」です。

bloggieにはMHS-CM5、MHS-PM5K(写真)という形状の異なる2モデルが用意されています。先に両機の共通仕様を並べると、動画撮影機能は1920x1080/30p あるいは 1280 x 720/60p、記録形式はMPEG4 AVC/H.264、静止画は503万画素(2592x1944)。顔検出・手ブレ補正機能を備えており、USB端子を内蔵。内蔵メモリは26MBで、新サイバーショットと同様にメモリースティックとSD/SDHCカードの両方に対応しています。発売はいずれも2月5日。

モデル別に見ると、価格的にはいちおう高級機ということになるMHS-CM5はレンズ前面・ディスプレイ回転式という縦持ちハンディカム形状を採用。2.5型ディスプレイ、光学5倍ズーム、HDMIミニ端子を備えます。連続記録時間は105分。大きさ39.0 x 101.4 x 67.1 mm、重さ196g。カラーはバイレット、実売3万円前後です。

面白いのはむしろ MHS-PM5K のほうでしょうか。背面にディスプレイを備えたよくあるYouTubeカメラ形状ですが、かつてのサイバーショットのようにレンズが270度回転します。さらに360度ビデオレンズが付属しており、ほぼ全周の撮影が可能(真上・真下は撮れません)、付属ソフトでパノラマ動画にも変換できます。ディスプレイは2.4型、光学ズームはなし。連続記録時間は95分。大きさ19.0 x 108.0 x 54.0 mm、重さ130g。カラーはホワイト、ブルー、ピンクの3種類。4GBのメモリースティック PROデュオを同梱して、実売2万7000円前後です。

Read - プレスリリース
Read - 製品サイト
新型コロナウイルス 関連アップデート[TechCrunch]

TechCrunch Japanへの広告掲載についてのお問い合わせはad-sales@oath.com まで。媒体概要はメディアガイドをご覧ください。

 

関連キーワード: bloggie, camcorder, MHS-CM5, MHS-PM5K, sony
0シェア

Sponsored Contents