iPhone OS 3.2:分割ビューやポップオーバーはiPad限定、「iPadカメラ」の痕跡

Ittousai
Ittousai , @Ittousai_ej
2010年01月28日, 午前 11:22 in apple
0シェア


「巨大なiPod touch」として iPhoneアプリがそのまま動く iPadですが、逆もまた真というわけではありません。先ほど公開された iPhone SDK 3.2 betaによると、iPadのデモで披露された新 UI要素の Split View や Popoverメニューは iPhoneでは使えないとされています ( iPad Human Interface Guidelines で iPad限定と定められている)。スプリットビューはメールの2ペイン表示にあったリスト+アイテム詳細、ポップオーバーは上のような階層 や別のUI要素が載るオーバーレイウィンドウ / メニュー。いずれも画面解像度があってはじめて役に立つ類のUIでありiPad用も納得できますが、開発者からすると iPhone / iPad 互換アプリのUI 設計でこれらの利用を控えめにするか、あるいは iPad UIと iPhone UIを別物として作り込む選択を迫られる場合がありそうです。

iPhone SDK 3.2ベータからのもうひとつの小ネタとしては、シミュレータを iPadモードで動かしたとき、iPhoneでよく見かける「写真を撮る」「既存の写真から選ぶ」メニューが出てくるという話があります。iPadには理由不明ながらカメラは非搭載。iPod touchのように途中まではカメラを付ける予定だったのか、あるいは iPhoneですでにあるメニューがそのまま出てきただけなのかはなんともいえません。このほか、iPadよりむしろ iPhone OS 3.2が気になるかたへの情報はまたなにか分かりしだい掲載してゆきます。

TechCrunch 注目記事「新型コロナのソーシャルディスタンス(社会的距離戦略)を強力に支援するビデオチャットアプリ8選

新型コロナウイルス 関連アップデート[TechCrunch]

TechCrunch Japanへの広告掲載についてのお問い合わせはad-sales@oath.com まで。媒体概要はメディアガイドをご覧ください。

関連キーワード: apple, ipad, iphone, iphone os 3.2, iphone sdk, IphoneOs3.2, IphoneSdk, ipod, latest creation, LatestCreation
0シェア

Sponsored Contents