LGのAndroid 3.0タブレット Optimus Pad発表、MWC 2011に出展

Ittousai
Ittousai , @Ittousai_ej
2011年02月7日, 午前 10:32 in android
0シェア

Optimus 2X でデュアルコアAndroidスマートフォンの一番乗りを果たしたLGが、同社初の Android 3.0 タブレット Optimus Pad を発表しました。仕様は3D対応 8.9インチ1280 x 768ディスプレイ、NVIDIA Tegra 2 プロセッサ、内蔵32GBストレージ、背面ステレオ + 前面ひとつのトリプルカメラ、6400mAhバッテリーなど。つまり米国のキャリア T-MobileからGシリーズ「G-Slate」として発表されていた製品の自社ブランド版です。特徴は3D映像の表示に加えて撮影にまで対応すること、HDMI端子でも対応ディスプレイに1080p 3D映像出力が可能なことなど。一回り大きいモトローラ Xoom (10.1型16:10)が相対的にベゼルの狭いシャープな印象であるのに対して、Optimus Pad は左右に iPadのような太い余白があるデザインです。Optimus Pad は米T-Mobile版のG-Slate が販売される3月前後から各国で出荷が始まる予定。MWC 2011では3D対応も含めさらに詳しい情報が公開されるはずです。

Unwired View, Android Community
source Hankyung
 

広告掲載についてのお問い合わせはad-sales@oath.com までお知らせください。各種データなどはこちらのメディアガイドをあわせてご覧ください。

 

関連キーワード: android, android 3.0, Android3.0, honeycomb, LG, MWC 2011, Mwc2011, optimus, optimus pad, OptimusPad, tablet
0シェア