動画:ニンテンドー3DS 海外版コマーシャル、スティールダイバーが本体同時

Ittousai
Ittousai , @Ittousai_ej
2011年03月16日, 午後 05:02 in 3d
0シェア
FacebookTwitter

国内では2月26日に発売されたニンテンドー3DSですが、あと10日ほどで発売を迎える米国ではテレビコマーシャルの放送が始まっています。続きに掲載したのは米国版の3DSコマーシャル動画、もうひとつはひと足先に発売される英国版のCM。(興味のある方はこのあたりで再生をクリック)。国内での大々的な発売キャンペーンが画面そのものは隠しつつ、実物を見なければ分からない魅力をタレントを通じて伝えるスタイルであったのに対して、米国版テレビCMではある意味分かりやすく、ストリートファイターIVなどロンチタイトルが立体になる!をCGでアピールする内容です。

興味深いのはリュウが「波動拳!」ではなく「ハドウケン!」と叫ぶところ。ではなく、潜水艦海戦ゲーム『スティールダイバー』がまず冒頭に登場すること。国内向けでは『社長が訊く』の『発売前に宮本さんに、聴いておきたいこと。』で大きく扱われるなど完全新作でありながら期待を集めていたものの、17日予定だった発売は『諸般の事情を鑑み』延期・発売日未定となってしまっているタイトルです。(そのほか、今回の震災を受けて発売延期・中止となったゲームのまとめはこちら。例:絶体絶命都市4)。国内では発売延期どころか製品情報サイトの内容まで消えて「延期のお知らせ」一枚になっているのに対して、米国では26日のロンチタイトルのひとつとしてそのまま発売予定。

そのほか、国内では4月14日予定のパイロットウィングス リゾートも本体と同時など、地域にあわせてやや違ったラインナップとなっています。いつになるか分からないスティールダイバーは海外版も検討したくなりますが、3DSのゲームは残念ながらリージョン制限付きと発表されています。



 
 

4眼仕様のAI活用カメラでさらに美麗な写りになった「HUAWEI P40 Pro 5G」

Sponsored by ファーウェイ ジャパン

 

TechCrunch 注目記事「新型コロナのソーシャルディスタンス(社会的距離戦略)を強力に支援するビデオチャットアプリ8選

新型コロナウイルス 関連アップデート[TechCrunch]
関連キーワード: 3d, 3d gaming, 3dGaming, 3ds, ad, adert, advertising, commercial, console, glasses-free, handheld, handheld console, HandheldConsole, nintendo, nintendo 3ds, Nintendo3ds, us, usa, video
0シェア
FacebookTwitter