ソフトバンク「みまもりホームセキュリティ」 101HW 発表、料金プランは月490円

Haruka Ueda
Haruka Ueda
2011年09月29日, 午後 02:45 in home security
0シェア
FacebookTwitter


ソフトバンクモバイルが冬春モデルのひとつとして「みまもりホームセキュリティ」101HWを発表しました。フォトフレーム Photo Vision、みまもりカメラ Z001 / Z002 などを展開してきた同社ならではの最新飛び道具です。その仕組みは、同梱されるマグネット式の開閉センサーをドアや窓に取り付けることで、異常検知時に本体が大音量で侵入者を「威嚇」、あわせて契約者に異常を通知する SMS を送信するというもの。もちろん、本体のボタン操作ひとつで外出モードにするかを切り替えられるので、うっかり窓を開けて住人が威嚇されるということは(ちゃんと切り替えていれば)ありません。

センサーは16個まで設置できますが、本体に同梱されるのはひとつだけ。本職のホームセキュリティサービスに匹敵するものとはいえませんが、月490円(2年契約時)という利用料金ははなかなかの価格破壊ですし、電源以外の配線が不要なのも強みです。遠隔一括設定なども可能な法人オプションは月315円。端末の製造は Huawei。発売は来年1月下旬以降です。
 
 

4眼仕様のAI活用カメラでさらに美麗な写りになった「HUAWEI P40 Pro 5G」

Sponsored by ファーウェイ ジャパン

 

TechCrunch 注目記事「新型コロナのソーシャルディスタンス(社会的距離戦略)を強力に支援するビデオチャットアプリ8選

新型コロナウイルス 関連アップデート[TechCrunch]
関連キーワード: home security, HomeSecurity, huawei, mimamori home secrurity, MimamoriHomeSecrurity, softbank
0シェア
FacebookTwitter