サムスン、販売差し止めを回避する Galaxy Tab 10.1N 発売。対アップル裁判で

Ittousai
Ittousai , @Ittousai_ej
2011年11月21日, 午後 05:35 in apple
0シェア

世界各国で続く アップル vs サムスンの話題。サムスンがドイツで10.1型タブレットの新モデル Galaxy Tab 10.1Nを発売しました。末尾に" N " が付いただけの型番からうかがえるように、国内ではドコモSC-01D として知られる Galaxy Tab 10.1のマイナーチェンジモデルです。登場の理由は、アップルからの訴えでドイツ当局が下した販売差し止め命令を回避するため。

サムスンとアップルの法廷闘争は通信技術の基幹に近い部分からソフトウェア・ハードウェアの特許などさまざまな分野を争点としていますが、ドイツで差し止め命令に至ったのは技術的な問題ではなく外観の意匠について。リンク先の newgadget.de が公開した動画を見るかぎり、左右のフチをオリジナルより張りだした形状にし、ステレオスピーカーを配した点が新しいようです。

これでまたアップルから物言いが付かないとも、再び差し止め請求がなされないとも決まったわけではありませんが、そもそも問題とされた正面から見た場合のデザインはたしかに区別ができるようになっています。続きは開封 ~ 各社製タブレットとの比較およびベンチマーク動画。



TechCrunch 注目記事「新型コロナのソーシャルディスタンス(社会的距離戦略)を強力に支援するビデオチャットアプリ8選

関連キーワード: apple, galaxy tab, galaxy tab 10.1, galaxy tab 10.1n, GalaxyTab, GalaxyTab10.1, GalaxyTab10.1n, lawsuit, samsung
0シェア

Sponsored Contents