東芝の無線LAN SDカード FlashAir デモ、ウェブサーバ内蔵でブラウザからアクセス

Ittousai
Ittousai , @Ittousai_ej
2012年01月12日, 午後 01:41 in ces
0シェア

CES 2012 で、東芝が「世界初の無線LAN SDカード」こと FlashAir のデモを公開しています。昨年9月に発表された FlashAir はSDカードに無線LAN接続機能を内蔵し、ワイヤレスでファイルの転送ができる製品。たとえば一般のSD対応カメラで使えば、撮影した写真や動画をPCやスマートフォンなどの機器に転送することが可能です。さらにFlashAir対応機器同士で直接ファイルをやりとりしたり、クラウド上の写真サービスやソーシャルメディアへのアップロードにも対応します。

CESのブースでは実際に機能するFlashAir カードと一般のカメラを使い、撮影した写真にスマートフォンから無線でアクセスするデモが示されています。スマートフォン側の操作は無線LANネットワーク " FlashAir xxxx" に接続したのち、ブラウザで http://flashair/ にアクセスするだけ。FlashAir はウェブサーバを備えアクセスポイントとして機能するため、特別なアプリも必要なくブラウザから直接 カード内のディレクトリ構造を辿ったり写真の表示ができます。

当初の「無線LAN通信機能を搭載した世界初のSDHCメモリカード」発表には Eye-Fi はどうなの?との疑問がありましたが、世界初の定義はさておき、FlashAirは:
  • 標準規格 " Wireless LAN SD " (Type-W) に準拠する最初の製品
  • 写真や動画だけでなく、任意のファイルを扱うことができる。
  • PCやスマートフォンなどのウェブブラウザからアクセスでき、ブラウザから設定もできる。
  • 対応機器ではFlashAir間で直接転送が可能。
といった点が特徴です。東芝FlashAir は、容量8GB / スピードクラス6の製品が2月から出荷される予定。価格は70ドル程度。

 

広告掲載についてのお問い合わせはad-sales@oath.com までお知らせください。各種データなどはこちらのメディアガイドをあわせてご覧ください。

 

関連キーワード: ces, ces 2012, Ces2012, eye-fi, flashair, sd, toshiba, wireless lan sd, WirelessLanSd
0シェア

Sponsored Contents