サムスン Galaxy Tab 2 は 7インチ、"Ice Cream Sandwich" 搭載

Haruka Ueda
Haruka Ueda
2012年02月13日, 午後 09:00 in galaxy tab
0シェア

サムスンの Android タブレット Galaxy Tab といえば、7インチのオリジナル機のほか、7.7 / 8.9 / 10.1 などのサイズ違い、Plus のようなパワーアップ版、あるいは LTE 対応モデルなど、数々のファミリーを形成しています。そして MWC を前に新たに登場するのが、その名も Galaxy Tab 2。2インチモデルではなく、オリジナル 7 インチの後継モデルです。

主な仕様は 1GHz デュアルコアプロセッサ、7インチ・1024x600 解像度液晶、背面の3メガピクセルカメラ、前面のVGAカメラ、1GBメモリ、microSDスロット、Bluetooth 3.0、4000mAhバッテリといったところ。ストレージは 16GB または 32GB。おおむね Galaxy Tab 7.0 Plus 相当という感じです。厚さは10.5mm。

ではなにが新しいかというと、プラットフォームが Android 4.0 "Ice Cream Sandwich" になった点です。一方で、独自 UI の TouchWiz も引き続き搭載。まずはサムスン製 ICS タブレット第一弾、高性能モデルはまた追って、でしょうか。

サムスンからのプレスリリースが出たり引っ込んだりしていることもあって、価格や発売時期の詳細はまだ分かりませんが、Sammy Hub によれば発売は3月ごろから。例によって HSPA+ にも対応する 3G モデルと、WiFi のみモデルが提供され、WiFi モデルは400ドル強になる見込みです。続きには背面の写真を掲載しています。


TechCrunch 注目記事「新型コロナのソーシャルディスタンス(社会的距離戦略)を強力に支援するビデオチャットアプリ8選

関連キーワード: galaxy tab, galaxy tab 2, GalaxyTab, GalaxyTab2, samsung
0シェア

Sponsored Contents