5.3型スマートフォン GALAXY Note、世界で販売500万台を達成

Ittousai
Ittousai , @Ittousai_ej
2012年03月28日, 午後 01:40 in android
0シェア
FacebookTwitter

大画面 Android スマートフォン GALAXY Note の累計販売台数が世界で500万台を超えたことをサムスンが発表しました。 日本でもドコモから4月発売が決まった Galaxy Note は、5.3型 1280 x 800画素の大型面・高精細 HD Super AMOLED 有機ELディスプレイと、電磁誘導式スタイラス " S-Pen " 付属が特徴のAndroidスマートフォン。

海外では昨年10月末から販売されており、5か月で500万台を達成したことになります。サムスンは12月に、発売2か月足らずで100万台越えを発表済み。販売500万台超は今年2月発売の北米など販売地域の拡大による順当な数字ですが、やはりポケットに入る限界に近い大画面と高精細、ペン対応を望む層が実は多かったことを実証したといえます。

サムスンは大型タブレットに S-Pen 対応を追加した Galaxy Note 10.1 も発表しており、今後は「タブ」と「ノート」を並列展開する予定です。下のギャラリーと、続きに掲載したコマーシャル動画は海外版のもの。ドコモ版はセラミック・ホワイトの「シロッシィ」のみ展開です。

追記:発表は


.
 
 

4眼仕様のAI活用カメラでさらに美麗な写りになった「HUAWEI P40 Pro 5G」

Sponsored by ファーウェイ ジャパン

 

TechCrunch 注目記事「新型コロナのソーシャルディスタンス(社会的距離戦略)を強力に支援するビデオチャットアプリ8選

新型コロナウイルス 関連アップデート[TechCrunch]
関連キーワード: android, galaxy, GALAXY Note, GalaxyNote, hd super amoled, HdSuperAmoled, samsung
0シェア
FacebookTwitter

Sponsored Contents