ソニーのハンディカムに防水・防塵・耐衝撃モデル HDR-GW77V

Haruka Ueda
Haruka Ueda
2012年05月2日, 午後 02:00 in camcorder
0シェア

Sony outs new waterproof HDR-GW77V Handycam, available May 25th in Japan (video)


タフモデルが人気のコンデジ業界に倣ってか、ソニーのビデオカメラ「ハンディカム」が防水・防塵・耐衝撃仕様になりました。型番は HDR-GW77V。水深5mで60分利用可能なIPX8防水、IP5X防塵、そして落下1.5mの耐衝撃を備えています。レンズは水捌けの良いフッ素コーティング済。

カメラ性能としてはもちろんフルハイビジョン(1920x1080/60p)に対応。画角は16:9時で広角29.8mm、光学10倍ズームに17倍のエクステンデッドズームを備えます。F値はF1.8-F3.4。静止画撮影は「全画素超解像技術」により最高2040万画素相当を実現しました。センサは "Exmor R" CMOS、画像処理エンジンは "BIONZ"、レンズは「Gレンズ」。おなじみのメンバーです。

そのほかの特長はスイングパノラマ、スマイルシャッター、動画中の静止画撮影、GPS、79エリアの地図情報内蔵など。16GBストレージ内蔵で、メモリースティックマイクロ、micro SD / SDHC に対応します。連続撮影時間は90分。重さ220g。ブルー、ホワイト、ブラックの3色で5月25日発売。お値段は7万円前後です。
新型コロナウイルス 関連アップデート[TechCrunch]

TechCrunch Japanへの広告掲載についてのお問い合わせはad-sales@oath.com まで。媒体概要はメディアガイドをご覧ください。

 

関連キーワード: camcorder, handycam, HDR-GW77V, sony
0シェア

Sponsored Contents