Logitech からMac用バックライトBluetoothキーボード & 充電式タッチパッド

Ittousai
Ittousai , @Ittousai_ej
2012年12月12日, 午後 06:43 in bluetooth
0シェア
FacebookTwitter
Logitech intros two Mac accessories: the Easy-Switch Keyboard and an external trackpad

Logitech が Mac用キーボードとタッチパッドの新製品を発表しました。キーボードは Mac / iPhone / iPad に対応し、ワンタッチで3台までの接続先を切り替えられる" Easy-Switch " とバックライトが特徴のBluetoothキーボード Easy-Switch keyboard for Mac。タッチパッドは薄いくさび形でUSB充電できる Rechargeable Trackpad for Mac。

キーボードのほうは Illuminated Bluetooth Keyboard K810として海外 Logitechで、タッチパッドのほうは国内でもロジクール ワイヤレス充電式タッチパッド t650 として、いずれもWindows 8 対応版が販売されている製品の Mac 向けバージョンにあたります。


Easy-Switch キーボード for Mac の特徴は、3台までの機器とペアリングしてショートカットキーひとつで接続先を切り替えられること。Logitech のデモ動画では、PCと接続して使いつつ、iPhone にメッセージが届いたらさっとスイッチして返信を書くといった例が使われています。

もうひとつの特徴のバックライトは白色で明るさを調節可能。手が近いときだけ光る近接センサーも搭載しています。そのほかテンキーレスでコンパクトなアルミ筐体、中央が凹んだインカーブキー、荷重を均等に配分して滑らかな打鍵感を生むというPerfectStroke キー構造など。

電源はUSB充電できる内蔵バッテリー式で、電池駆動時間はバックライトの明るさと打鍵頻度により約一週間から1年とされています。基本的にはWindows 8 対応版の K810 と変わりませんが、K810にはWindowsキーやWindows 8 用のショートカットがあり、Easy-Switch for Mac のほうにはOS X や iOS 用があります。

米国・欧州での発売は1月予定、価格は99ドル。なお日本法人のロジクールは同じくアップル製品3台切り替えに対応の Bluetoothキーボード k760を12月21日から販売しますが、k760は室内光でも充電可能なソーラーパネルを備える一方、バックライトがありません。




もう一方の Rechargeable Trackpad for Mac は、Windows 7 / 8用としてすでに販売中の「ワイヤレス充電式タッチパッド」とほぼ同じ。OS X のマルチタッチジェスチャに対応します。

Mac用の外付けタッチパッドといえばアップル純正の Magic TrackPad がありますが、アップル製が単三電池を収める円筒形のマクラが目立つデザインなのに対して、ロジのほうは電池交換式でないため薄いクサビ状です。こちらの価格は70ドル、欧米では1月発売予定。
Logitech Bluetooth Easy-Switch Keyboard for Mac

Logitech Rechargeable Trackpad for Mac
 
 

4眼仕様のAI活用カメラでさらに美麗な写りになった「HUAWEI P40 Pro 5G」

Sponsored by ファーウェイ ジャパン

 

TechCrunch 注目記事「新型コロナのソーシャルディスタンス(社会的距離戦略)を強力に支援するビデオチャットアプリ8選

新型コロナウイルス 関連アップデート[TechCrunch]
関連キーワード: bluetooth, input device, InputDevice, ios, ipad, iphone, keyboard, logicool, logitech, trackpad
0シェア
FacebookTwitter

Sponsored Contents