米IBM、米国特許取得件数で20年連続首位

EngadgetJP Staff
EngadgetJP Staff, @engadgetjp
2013年01月20日, 午前 09:09 in ibm
0シェア

特許関連情報サービスの 米 IFI Claims Patent Services が発表した2012年の米国特許取得数の上位ランキングによると、取得数6478件のIBMが20年連続で首位を維持した。2位のサムスンは5081件で、IBM との差は1500件近くある。2011年から2012年にかけて、IBMは Google や Facebook に対し大量の特許を譲渡したが、今回の結果をみると、それも驚くには当たらないといえるだろう。
特許取得数ランキングの上位50位には、2012年に特許訴訟の渦中にあった各企業も名を連ねている。なかでもアップルや Google の特許取得件数は大きく伸びており、アップルは前年比68パーセント増の1136件、Google は同170パーセント増の1151件だった。

一方 IBM は、前年比4.8パーセントの伸びにとどまったが、取得した特許分野は、ヘルスケア、銀行、護身具、ソーシャルネットワーキング、クラウドなど多岐に渡り、今後数年間は首位の座を守るとみられる。IBMの社歌 「Ever Onward」(ビデオを参照)のように、これからも「常に前進」あるのみだ。


原文:Sean Buckley 翻訳:日本映像翻訳アカデミー
 

広告掲載についてのお問い合わせはad-sales@oath.com までお知らせください。各種データなどはこちらのメディアガイドをあわせてご覧ください。

 

関連キーワード: ibm, IFI claims patent services, IfiClaimsPatentServices, industry, legal, patent, patent portfolio, PatentPortfolio, qualcomm, rankings, research in motion, ResearchInMotion, Samsung, US patent, UsPatent, utility patent, UtilityPatent
0シェア

Sponsored Contents