iOS版 DiXiM Digital TVアプリ発売、nasneなどレコーダの録画番組・放送をLAN再生

Ittousai
Ittousai , @Ittousai_ej
2013年04月26日, 午後 01:28 in digion
0シェア
FacebookTwitter

DigiOn が DTCP-IP対応ホームネットワークプレーヤ DiXim Digital TV の iOS版を発売しました。価格は1000円。nasne や ソニーのBDレコーダ、パナソニックDIGAなど DLNA対応レコーダの録画番組を、iPad や iPhone でストリーミング再生できます。またレコーダ側のライブチューナーを選択して放送中テレビ番組の再生も可能です。
iOS で DTCP-IP / DLNAに対応するアプリとしては、ソニーも「nasneの番組を iOS で見るならこれをどうぞ」と他社製アプリにもかかわらずお薦めする Twonky Beam があります。

しかし Twonky Beam はもともと「ネット上のさまざまな番組をスマートフォンからテレビに飛ばして(Beamして)大画面で見られます」を主な用途として開発されたため、手元でレコーダの番組が見られるのは、ソースとしてDLNAサーバ選べる・プレーヤとしてアプリ本体(携帯端末)選べる機能による応用に近い使い方です。このため再生までの手順やUIがやや分かりにくくなっています。

対する DiXiM Digital TVのほうはもともとネットワーク対応プレーヤの位置づけであるため、再生までのUIが分かりやすいことが利点です。また途中まで観た番組のレジューム再生や、設定秒数飛ばすトリックプレイなどプレーヤとしての機能も(比較的)揃っており、再生までの時間や応答も(Twonky Beamに比べれば) 早くなっています。このほか iPad版では、番組を再生しつつWebブラウザが使える機能もあります。

さらには正式対応機種に DIGA が含まれるなど、接続確認済み機器が多いことも利点。リンク先 DigiOnの製品ページで対応機器の一覧を確認できます。iOS端末側は iPhone 4Sと5、iPod touch (第五世代)、iPad 2以降、iPad miniに対応。OSは iOS 5.1.1 - 6.1.3。

一方、Twonky Beam が対応するダウンロード型ムーブ(番組の持ち出し)には今のところ対応しません。

DiXiM Digital TV for iOS の価格は1000円。一方 Twonky Beamのほうは基本機能が無料、DTCP-IP対応は追加で700円 (ただし、有料化以前に機能を使っていた場合はそのまま継続利用が可能です)。
 
 

4眼仕様のAI活用カメラでさらに美麗な写りになった「HUAWEI P40 Pro 5G」

Sponsored by ファーウェイ ジャパン

 

TechCrunch 注目記事「新型コロナのソーシャルディスタンス(社会的距離戦略)を強力に支援するビデオチャットアプリ8選

新型コロナウイルス 関連アップデート[TechCrunch]
関連キーワード: digion, dixim, dixim digital tv, DiximDigitalTv, dlna, drm, dtcp-ip, ios, nasne, Twonky Beam, TwonkyBeam
0シェア
FacebookTwitter