バッファローからフレキシブルアーム採用のWebカメラ、吸盤つきスタンドも付属

Takuro Matsukawa
Takuro Matsukawa
2013年07月24日, 午後 01:33 in buffalo
0シェア


先日は視野角180度の2眼Webカメラを発表したバッファローが、今度はフレキシブルアーム採用のWebカメラ「BSW20KM14BK」を発表しました。長さ40cmのアームは自由に曲げることができ、さまざまなアングルで撮影できることが特徴です。

この長さ約40cmのアームを搭載したことで、たとえばビデオ通話中にカメラを動かして手元の資料を撮影するといったことのほか、ノートパソコン搭載のWebカメラではカメラの位置が低く、顔が下からのあおりアングルになってしまう、といった悩みを解決できるとしています。

PCのUSB端子に直結するほか、吸盤つきの専用スタンドが付属し、壁などからアームを生やすこともできます。

主な仕様は、200万画素 CMOS センサー、最大解像度 1600×1200、最大フレームレート 30fps、焦点距離 5cm ~、マイク内蔵。フォーカスはレンズの周囲にあるリングを回して調節するマニュアル式。

本体サイズは52×25×18.5mm (フレキシブルアーム部を除く)、フレキシブルアーム長は約40cm、スタンドのサイズは約72×66×66mm (突起物含まず)。

対応機種は USB2.0 ポートを搭載する Windows PC (XP/Vista/7/8、64bit 対応) 、 Mac (OS 10.4.9以降)、PlayStation3 (システムソフトウェア バージョン4.2以降)。またニコニコ生放送や STICKAM といったサービスでの動作確認も取れています。


価格は7,035円(税込)。8月上旬発売予定です。
新型コロナウイルス 関連アップデート[TechCrunch]

TechCrunch Japanへの広告掲載についてのお問い合わせはad-sales@oath.com まで。媒体概要はメディアガイドをご覧ください。

 

関連キーワード: buffalo, WebCam
0シェア