ドコモとスクエニ、クラウド版『ドラゴンクエストX』をタブレットやスマホに提供

So TAKAKI
So TAKAKI, @kurari
2013年09月30日, 午後 08:16 in CEATEC 2013
0シェア
FacebookTwitter

NTTドコモとスクウェア・エニックスは、ドコモのプラットフォーム「dゲーム」にオンラインゲーム「ドラゴンクエストX 目覚めし五つの種族 オンライン」のクラウド版を提供することを発表しました。提供時期は2013年12月~2014年2月予定。

まずはドコモのAndroidタブレット「dtab」に対応し、順次ドコモタブレットやスマートフォンに対応端末を増やしていく予定です。利用料金は現在のところ未定ですが、ドコモによると「期間ごとの従量課金を検討している」。価格や期間などは未定ながら、「(従来の Wii U / PC版よりも) 手軽な短い期間」を考えているとのこと。

今回の「クラウド版」ドラゴンクエストXは、サーバ側でゲームの描画まで実行し、ストリーミング動画として端末に流す方式を採用することで、「それほどスペックの高くないタブレットやスマートフォンでもプレイできるようする」(ドコモ広報)仕組み。ドコモのスマートフォンやタブレット端末と、家庭用ゲーム機やPCでプレイしているユーザーがゲーム内で一緒に遊べるようになります。

ちなみにすでにドラクエXを始めているユーザーは、dゲーム版ドラクエXにもスクウェア・エニックスのIDとパスワードでログイン可能。一方、dゲーム版ドラクエXのIDはスクウェア・エニックスのIDとはひもづいていないため「サービス開始ごろまでにはdゲーム版ドラクエXのIDとスクウェア・エニックスのIDをひもづけて相互にログインできるようにする」としています。

このほか両社では、「ドラゴンクエスト」のメタルスライムをモチーフにしたスマートフォンを共同開発します。本機種限定アプリ「ドラゴンクエスト いつでも冒険ダイス」をプリインストールするなど、随所に「ドラゴンクエスト」の世界観を反映しているとのこと。



ドコモでは、いずれも10月2日から幕張メッセにて開催する CEATEC 2013 で展示します。気になる人はぜひ現地で確認してみましょう。
 
 

 

TechCrunch 注目記事「新型コロナのソーシャルディスタンス(社会的距離戦略)を強力に支援するビデオチャットアプリ8選

新型コロナウイルス 関連アップデート[TechCrunch]
関連キーワード: CEATEC 2013, CEATEC2013, docomo, Dragon-Quest X, Dragon-questX, NTT DoCoMo Inc, NttDocomoInc, Square-Enix
0シェア
FacebookTwitter