ファーウェイが 3G内蔵SDカード UltraStickを開発。Nano SIMスロットつきでストレージなし

Ittousai
Ittousai , @Ittousai_ej
2013年10月3日, 午前 07:01 in CEATEC 2013
0シェア


今年の CEATEC JAPAN では国内の大手家電メーカーと並ぶ広さを誇るファーウェイ / 華為技術ブースより。SDカード型に3G通信機能を内蔵した " UltraStick " がさりげなく展示されています。
UltraStick の通信形式は 3G WCDMA 2100MHz、通信速度21Mbps。SDカードの側面にNano SIMスロットを備えます。

ワイヤレス通信機能を内蔵したSDカードといえば、Eye-Fi や東芝 FlashAir のようにファイルを外部に転送したり無線でアクセスできるようになる製品が思い浮かびますが、Huawei の UltraStick はストレージ非搭載。少なくとも展示品では、3G通信機能のみを備えています。

ホスト機器との接続形式は、最近あまり聞かなくなった SDIO。つまり「書き込むと3Gでどこにいてもファイルをアップしてくれるカード」ではなく、USB接続のかわりにSDIO対応SDスロットで接続する3Gモデム製品です。

ファーウェイでは、UltraStick を商品化する通信キャリアやパートナーを探している段階。製品としての発売時期や価格についてはまだ発表されていません。


TechCrunch 注目記事「新型コロナの影響で自宅待機中のTechCrunchスタッフを熱中させているもの

新型コロナウイルス 関連アップデート[TechCrunch]

TechCrunch Japanへの広告掲載についてのお問い合わせはad-sales@oath.com まで。媒体概要はメディアガイドをご覧ください。

関連キーワード: CEATEC 2013, Ceatec2013, Eye-Fi, FlashAir, huawei, sd, sdio, ultrastick
0シェア