新Mac Pro 風ゴミ箱をPC 化する『Pro フレームKIT』、Mini-ITX パーツを内蔵可能に

Takuro Matsukawa
Takuro Matsukawa
2013年11月19日, 午後 09:01 in diy
0シェア

自作PCパーツなどを取り扱うアユートが、新 Mac Pro 風のゴミ箱をPC 化する『Pro フレームKIT』を発売しました。

Amazon.co.jp が 間違えて購入しないよう注意を呼びかけたことでも話題になったideaco のゴミ箱 New TUBELOR の内部にPC パーツを内蔵して、円筒形筐体のデスクトップPCとして使うためのフレームキットです。


内部はSFX 規格の電源ユニットとMini-ITX 規格のマザーボードを背中合わせに設置。ストレージは電源ユニット下部に2.5インチサイズを2個まで取付可能です。

また映像出力などの各種ポートは底面、冷却ファンは上部に位置します。なお本物の新Mac Pro 同様に光学ドライブは内蔵できません。



電源ボタンは内部の底面にあり、カバーを持ち上げて押します。


誤ってゴミを投入しても内部に入り込まないようファンガードをつけることもできます。


Pro フレームKITはアユートと、そばPCピピンアットマークPC などの製作で知られる元店員M氏によるブランドProjectM の製品。アユートの直販サイト価格1万4800円で販売中です。

またTUBELOR はideaco オンラインストアにて3465円で販売中。カラーは6色から選択できます。

サイズはMac Pro (16.7x25.1cm)より若干大きい20x30cm、重さは約1.1kg です。



TechCrunch 注目記事「新型コロナの影響で自宅待機中のTechCrunchスタッフを熱中させているもの

新型コロナウイルス 関連アップデート[TechCrunch]

TechCrunch Japanへの広告掲載についてのお問い合わせはad-sales@oath.com まで。媒体概要はメディアガイドをご覧ください。

関連キーワード: diy, mac pro, Tubelor
0シェア

Sponsored Contents