ASUS PadFone Mini 4.3発表、7型タブレットになる4.3型スマートフォン

Ittousai
Ittousai , @Ittousai_ej
2013年12月12日, 午前 11:29 in asus
0シェア


ASUS が PadFone シリーズの最新モデル PadFone Mini 4.3 を台湾で発表しました。これまでのPadFone はスマートフォンと10.1インチ画面の「ステーション」が合体してタブレットとしても使える製品でしたが、Mini 4.3 はシリーズで初めて、Nexus 7 のような7インチ タブレット型ステーションが付属します。


スマートフォン側の主な仕様は、4.3インチ 960 x 540 qFHD ディスプレイ、Snapdragon MSM8226 プロセッサ(4コア1.4GHz)、1GB RAM、16GBストレージ、microSDスロット。バッテリー容量は1500mAh。デュアルSIM仕様。出荷時の Android OS は4.3。

ステーション側は7インチ1280 x 800 ディスプレイ、追加の2200mAhバッテリー。プロセッサのもメモリも積んでいない「パワーアップ部品」なので、単体では機能しません。

合体時の重量は 415g。

プロセッサの能力に対して画素数低めの 8MPカメラを載せていることもあってか、16コマ/秒連写、解像度を落として「感度400%増し」のPixel Master、連写からちょうど良いタイミングの表情を組み合わせて一枚のグループ写真にできる All Smile などカメラ機能も充実しています。

台湾での価格は1190台湾圓、約4万円。スマートフォンとしても合体タブレット時も、ハイエンドの製品からは一歩下がるミッドレンジ仕様ですが、SIMロックなしの買いきりでセット約4万円はたしかにまあ安価です。

 

TechCrunch 注目記事「新型コロナのソーシャルディスタンス(社会的距離戦略)を強力に支援するビデオチャットアプリ8選

関連キーワード: asus, padfone, padfone mini, padfone mini 4.3
0シェア