スマートフォン対応ミニラジコン Sphero 2B 発表、100ドル

Haruka Ueda
Haruka Ueda
2014年01月7日, 午前 12:15 in CES 2014
0シェア

Sphero's 2B smartphone-controlled toy is quick, easy to control and a lot of fun (hands-on)

スマートフォンで操作できる球型 Bluetooth ラジコン Sphero に、新作の Sphero 2B が加わります。従来型からの大きな変化は、タイヤを二輪身にまとった、ラジコンとして比較的まともなデザインになったこと。「球がスマートフォン操作で転がるから面白かったんだ」という向きには残念な話ですが、無理のない作りになったおかげでさらに高速に走りまわれるようになりました。お値段も手頃になって100ドルの予定です。
会場で元気に走り回っていたのは試作品で、いわく製品版では他のラジコンを検知できる赤外線機能などが加わりそうとのこと。またタイヤは取り外しできるようになっており、スリックタイヤを選べば秒速4mと、なにに利用するかはさておき、さらなる高速動作も実現できます。

従来品と同様、SDK や API の公開、対応アプリ / ゲームの拡充などが期待されますが、いっそこのままモーターやらスタビライザーやら豊富なオプション展開に、オフィシャルコースなどまで提供して、競技用スマートラジコンとしての道をダッシュするのも面白いかもしれません。発売は秋の予定。

TechCrunch 注目記事「新型コロナのソーシャルディスタンス(社会的距離戦略)を強力に支援するビデオチャットアプリ8選

新型コロナウイルス 関連アップデート[TechCrunch]

TechCrunch Japanへの広告掲載についてのお問い合わせはad-sales@oath.com まで。媒体概要はメディアガイドをご覧ください。

関連キーワード: CES 2014, radio control, radio controlled, sphero, sphero 2b
0シェア