Valve Steam Machine にデルやギガバイトなど13社が参入、Windows デュアルブート機も(実機ギャラリー)

Takuro Matsukawa
Takuro Matsukawa
2014年01月7日, 午後 01:40 in alienware
0シェア

ゲーム配信プラットフォームのSteam などで知られるValve が、CES 2014 にて同社の家庭用ゲームハードウェア規格Steam Machines に参入する企業13社を発表しました。

参加企業はAlienware (Dell)、Alternate、CyberPowerPC、Digital Storm、Falcon Northwest、Gigabyte、iBuyPower、Materiel.net、next、Origin、Scan computers、Webhallen、Zotac。

デルやギガバイトなどの大企業とともに、比較的小規模なPC メーカーやビルダーが名を連ねています。各社の実機写真はギャラリーへどうぞ。


参加企業のうち日本でも馴染みがあるメーカーを抜粋すると:

Alienware:モデル名、仕様、価格などは未発表。



ギガバイト:同社の小型デスクトップPC 『BRIX』 シリーズから BRIX Pro。主な仕様はインテルCore i7-4770R (4コア8スレ、最大3.9GHz、Iris Pro 5200 グラフィックス内蔵)、16GB RAM、1TB HDD。価格は未定。



Zotac:インテル Core シリーズプロセッサ、Nvidia GTX シリーズグラフィックス搭載。RAM やストレージは未定。価格は599ドル。


ほかDigital Storm とOrigin は、SteamOS とWindows のデュアルブートマシンを発売予定です。


なお簡単におさらいすると、Steam Machines とはValve が開発中の家庭用ゲームOS『SteamOS』に最適化した家庭用PCゲーム機規格。専用コントローラーのSteam Controller と組み合わせて、Steam 上のPC ゲームを家庭の大画面テレビでプレイすることが目的です。

規格と聞くと敷居が高そうですが、昨年末にValve がテスターへ発送したプロトタイプSteam Machine は、ほぼ市販の自作PC 用パーツで組まれています。またSteamOS も無料で配信中のため、知識があれば一般ユーザーでも自作可能です。興味のある方はリンク先SteamOS のサイトへどうぞ。

TechCrunch 注目記事「新型コロナの影響で自宅待機中のTechCrunchスタッフを熱中させているもの

新型コロナウイルス 関連アップデート[TechCrunch]

TechCrunch Japanへの広告掲載についてのお問い合わせはad-sales@oath.com まで。媒体概要はメディアガイドをご覧ください。

関連キーワード: alienware, CES 2014, ces2014, dell, gigabyte, STEAM, steam controller, steam machine, Steam Machines, steamos, valve, zotac
0シェア

Sponsored Contents