富士通から13.3型コンバーチブルUltrabook LIFEBOOK TH90/P、ワコム製デジタイザ搭載

Munenori Taniguchi
Munenori Taniguchi, @mu_taniguchi
2014年02月4日, 午後 08:10 in convertible pc
0シェア

富士通が、コンバーチブル型の13.3型ノート LIFEBOOK TH90/P を発表しました。ディスプレイ部が左右180度まで回転するほか、ワコム製のデジタイザーを搭載し、1024階調の筆圧検知つきスタイラスペンが付属します。
 

LIFEBOOK TH90/P は液晶ディスプレイに2軸のヒンジを搭載しており、ディスプレイが左右に回転するほか、ひっくり返してタブレットスタイルで使用できるのが大きな特徴。

ディスプレイ下部中央のヒンジで左右に回転するコンバーチブルはかつての不格好な「タブレットPC」を彷彿させますが、LIFEBOOK TH90/P はインテルの Ultrabook 要件を満たす17.1 〜 19.3mmの薄さです。

富士通では、通常の「ノートスタイル」、画面を左右に動かした状態の「バリアスタイル」、画面を後ろ向きにして動画を鑑賞しやすい「シアタースタイル」、180度回して折りたたんだ「タブレットスタイル」の4種類の使い方を提案します。
もうひとつの特徴は、付属のワコム製スタイラスペンに対応する液晶ディスプレイ。スタイラスペンは1024階調の筆圧検知が可能で、タブレットスタイルで使えば紙に描くように作画作業を行えます。また、内蔵バッテリーは最大で約12.5時間使えるため、出先でのスケッチなどにも充分対応できそうです。

ディスプレイは解像度2560 x 1440(WQHD)の IGZO 液晶を採用。また、表面には旭硝子製の強化ガラス「Dragontrail」を採用します。

その他、主な仕様は Core i5-4200 プロセッサ(1.60GHz、Intel HD Graphics 4400)、8GB RAM、500GB SSD。

通信機能は IEEE802.11a/b/g/n WiFi、Bluetooth 4.0+HS、1000BASE-T対応有線LAN。

インターフェースは USB 3.0 x 2、HDMI出力、SDカードスロット、92万画素Webカメラ、指紋センサー、音声入出力など

大きさは幅320.8 x 奥行235 x 高さ17.1~19.3mm、重さ約1.59kg。

発売日は2月21日。オープン価格で、店頭予想価格は21万円強。




タブレット時には上下二枚が微妙にずれて、音量ボタンなどにアクセスできる Shift Hinge を採用。ノートPCのときは段差がなくぴったり重なります。


TechCrunch 注目記事「新型コロナのソーシャルディスタンス(社会的距離戦略)を強力に支援するビデオチャットアプリ8選

関連キーワード: convertible pc, dragontrail, fijitsu, IGZO, LifeBook, lifebook TH90P, lifebookTH90P, TH90P, ultrabook, wacom
0シェア

Sponsored Contents