(動画)Xperia Z2 Tabletの使用感:とにかく軽い持ち運びたくなる10.1型Androidタブレット

Hiromu Tsuda
Hiromu Tsuda, @boobyn
2014年02月25日, 午前 08:55 in mwc 2014
0シェア


現在開催中のMWC 2014において、ソニーは24日早朝、プレスカンファレンスを開催、10インチAndroidタブレット Xperia Z2 Tablet を発表しました。製品の詳細は発表記事を確認していただくとして、早速、使用感をお届けします。

一にも二にもまずは、軽さが非常に際立っています。iPad Airを手にしたことはありますか? 大きさから想像するものや、旧来のiPadからイメージする重量から飛躍的に軽くなり、間違いなく錯覚ですが、地球の重力から解き放たれたんじゃないかと感激しました。

Xperia Z2 Tabletは、これまのモデルも500gを切っていたため、そこまでの感激はありませんでしたが、軽さが非常に新鮮なモデルです。実際の重量は426〜439gで、先代から70g程度軽くなっており、「Air」を冠したiPadの469〜478gよりもさらに軽い上に、防水仕様となっています。



厚さも6.4mmとさらに薄型化。A4サイズの一般的な大学ノートがおおよそ6mm程度ですから、サイズ感はほぼ大学ノートと同じ。鞄に大学ノートとXperia Z2 Tablet を詰め込んで......などと過ぎ去った学生生活への妄想に拍車がかかります。

先代 Xperia Z Tablet と同様、背面部は樹脂製のマット加工。今回同時に発表された Xperia Z2 と同じく、デジタルノイズキャンセリング機能を搭載しており、10.1インチの大画面を活かした映像コンテンツの視聴などでも環境騒音を抑えて楽しめます。


なお、Xperia Z2 TabletとXperia Z2を連携させて、通勤通学時にXperia Z2で視聴していた動画の続きをXperia Z2 Tabletで楽しむといった使い方が可能です。今回さらに、専用ドックなども発表されています。



 

TechCrunch 注目記事「新型コロナのソーシャルディスタンス(社会的距離戦略)を強力に支援するビデオチャットアプリ8選

関連キーワード: mwc 2014, mwc2014, sony, xperia, xperia z2, xperia z2 tablet
0シェア