Google Nowが請求書の通知に対応。支払先と金額、期日をカードで通知

Ittousai
Ittousai , @Ittousai_ej
2014年05月17日, 午後 12:01 in android
0シェア


Google の「必要な情報を必要な時に」サービス Google Now が今度は支払い請求の通知に対応しました。Gmailで特定の相手から請求書が届いた場合、期日近くになると金額や相手を記したカードで知らせます。


Google Now の請求書通知は、Android版 Google検索アプリのリリース前バイナリを覗いて見つかったテキストから、開発中であるらしいことは判明していました。リンク先の Android Police によると、最近 Google 検索アプリを更新したユーザーから請求書カードが現れたと報告があります。

ユーザーから寄せられたスクリーンショットを見る限り、カードは相手と金額、支払期限のみが記されたシンプルな内容。下部にメールを見るリンクがあり、そこから元の請求書メールを確認できるようになっています。

中央は Google Now カードの設定画面。請求元ごとに「〜からの請求書を表示しますか?」と選択できるようです。なお今回の請求書通知のほか荷物追跡や飛行機のフライト状況などに使える Gmail カードは、Google Now にGmail の内容を使うよう設定していない限り、勝手に表示されることはありません。

Google 検索アプリの.apk 解析からは、この請求書カードから「払うボタン」と思しきものも見つかっていました。タップすると Google ウォレットなどの方法で直接支払いに移る機能と思われますが、今のところボタンが現れたとの報告はありません。これはアプリ側が用意していてもサービス側でまだ対応せず有効にしていないためかもしれません。


Google Now の請求書通知は、今後 Google 検索アプリを最新版へ更新したユーザーから、対応地域で有効になります。Google Now の機能は地域によって提供されないものも多く、たとえば先日のアップデートでベータ版として導入された駐車位置の自動記録と経路案内も、日本国内向けの更新点リストには含まれていません。

 

TechCrunch 注目記事「新型コロナのソーシャルディスタンス(社会的距離戦略)を強力に支援するビデオチャットアプリ8選

関連キーワード: android, bills, charge, google, google now, google wallet
0シェア