harman/kardonのワイヤレス スピーカー AURA 発表。側面に6基のドライバを搭載

Munenori Taniguchi
Munenori Taniguchi, @mu_taniguchi
2014年08月1日, 午前 10:09 in airplay
0シェア
JBL や AKG など多数のブランドを展開するハーマン・インターナショナルが、harman/kardon ブランドからワイヤレススピーカー AURA を発売します。側面に6基ものフルレンジスピーカー、底面にサブウーファーを搭載しており、部屋のどこにおいても同じ音質で聴ける無指向性のスピーカーシステムです。
 

 
 

AURA は Bluetooth /AirPlay /DLNAに対応するワイヤレススピーカー。クリアパーツと LED イルミネーションを使った筐体は harman/kardon のロングセラー SOUNDSTICKS のサブウーファーとよく似た形状で、大きさもほぼ同じです。

その外観からは、筐体内部に大きなスピーカーを据えていそうな印象を受けますが、実際は側面に3.8cm径フルレンジスピーカーを6基内蔵しています。底面には112mm径サブウーファーを搭載し、全方向に音が広がる設計です。
 
本体正面にはタッチエリアがあり、スワイプ操作で音量の調整が可能。iOS /Android アプリ「Harman Kardon Remote」を使ってサブウーファーのバランスを調整できます。

スピーカーの再生周波数帯域は、50Hz~20kHz。アンプ出力はフルレンジ用に15W x2と、サブウーファー用の30w x1。

Bluetooth のバージョンは3.0、プロファイルは A2DP /AVRCPに対応。802.11b /g WiFi を搭載し、AirPlay や DLNA 経由での音楽再生に対応します。ほか、入力には光デジタル x1、アナログの AUX 入力 x1も備え、ほとんどのプレーヤーから音楽を再生可能です。

大きさは幅21.5 x 奥行21.5 x 高さ27.5cm。重さ2.3kg。バッテリーは内蔵せず、AC アダプターから電源を供給します。本体カラーはブラックまたはホワイト。

発売時期は8月上旬。オープン価格ですが、店頭予想価格は3万7000円前後。

さて、Aula が SOUNDSTICKS によく似ているということは、筐体の上部にあるバスレフ効果用の穴からホコリなどの異物が入りやすいということです。特に夏場、虫の多い地域ではハエなど小さな虫に対する巧妙なトラップとなりうるので、使用しない時には上になにかオシャレな布切れでも被せておくと良さそうです。

TechCrunch 注目記事「新型コロナのソーシャルディスタンス(社会的距離戦略)を強力に支援するビデオチャットアプリ8選

新型コロナウイルス 関連アップデート[TechCrunch]

TechCrunch Japanへの広告掲載についてのお問い合わせはad-sales@oath.com まで。媒体概要はメディアガイドをご覧ください。

関連キーワード: airplay, aura, bluetooth, bluetooth speaker, DLNA, harman kardon, harman kardon aura, HarmanKardon, wifi, wireless speaker
0シェア

Sponsored Contents