HP、199ドルのWindows ノート Stream 14を準備中。Chromebookに対抗

Takuro Matsukawa
Takuro Matsukawa
2014年08月19日, 午後 07:01 in hp stream 14
0シェア

ドイツのPC 系ニュースサイトMobile Geeks が、HP の199ドルWindows ノートStream 14 のサービスマニュアルを入手したとして、仕様を伝えています。

HP はStream 14 を正式発表していませんが、サービスマニュアルのみがHP のサイトで公開されていたとのことです。なお現在は入手できなくなっています。



Stream 14 の仕様書とされる画像によると、主な仕様は14インチ1366 x 768 液晶(非タッチ)、AMD A4 Micro-6400T プロセッサ(4コア1.0-1.6GHz、Radeon R3 グラフィック内蔵、TDP 4.5W)、最大2GB RAM、32GB / 64GB eMMC、802.11 b/g/n WiFi、Bluetooth 4.0。

ほかHP True Vision HD ウェブカメラ、マイク x 1、スピーカー x 4、Beats オーディオ、ヘッドフォン/マイクコンボジャック、SDXC カードスロット(UHS-I 対応)、HDMI 1.4、USB3.0 x 1、USB2.0 x 2 など。

電源は3セル32Wh のリチウムイオンバッテリー。本体の重さは約1.75kg。OS はWindows 8.1。2年間のOneDrive 100GB 利用権が付属します。


HP はStream 14 の存在や価格について公式に発表していません。しかし一方でマイクロソフトは、今年7月のパートナー企業向け年次カンファレンスにて、ホリデーシーズンにStream を199ドルで発売すると述べているため、今回のサービスマニュアルが実製品のものである可能性は高そうです。



また最近のマイクロソフトは、OEM メーカー向けの無料または低価格なOS としてWindows 8.1 with Bing を提供するなど、急速に勢力を広げつつあるChrome OS への対抗姿勢を鮮明にしています。

低価格ノートもその一環で、米国ではAcer が15.6型で249.99ドルのAspire ES1 を販売しているほか、東芝も11.6型で249ドルの製品をホリデーシーズンに発売予定です。

TechCrunch 注目記事「新型コロナのソーシャルディスタンス(社会的距離戦略)を強力に支援するビデオチャットアプリ8選

関連キーワード: hp stream 14, Microsoft, windows, Windows 8.1 with Bing
0シェア