ゲーム『Halo』マスターチーフの実用バイクヘルメット発表、7月発売

Ittousai
Ittousai , @Ittousai_ej
2015年02月18日, 午後 12:01 in bike
0シェア

ゲームなどのキャラクターライセンス商品を扱うNECAが、ゲーム『Halo』の主人公マスターチーフの実際にかぶれるヘルメットを発売します。


実際に被れるといっても単なるコスプレ用ではなく、モーターサイクル用の安全ヘルメットとして米国のDOT規格を満たした実用品です。仕様は本体ABS樹脂製のモジュラー設計、開けるクリアシールド、耐UVトップコート済み塗装、前方吸気・後方排気、外して洗える衝撃吸収パッドなどなど。後頭部に小うるさいAIを収納するスロットがあるかは不明。

サイズは55-56cmのSから61-62cmのXLまで。Haloのマスターチーフは生身でも身長2mを超える大男なので厳密に「実物大」かどうかは難しいところですが、少なくとも改造スーパー兵士 Spartan ではないただの人間でもちゃんと着用できます。

出荷は7月予定。価格は公式には明らかになっていませんが、予約を受付けている小売店では10万円には届かない程度の値段を見かけます。

TechCrunch 注目記事「新型コロナのソーシャルディスタンス(社会的距離戦略)を強力に支援するビデオチャットアプリ8選

関連キーワード: bike, Halo, helmet, Microsoft, NECA
0シェア

Sponsored Contents