freetelの国内向けWindows Phone『Ninja』実機出展。Office 365とのシナジーを強調

小口貴宏(Takahiro Koguchi)
小口貴宏(Takahiro Koguchi), @TKoguchi787
2015年03月5日, 午前 10:10 in freetel
0シェア


スペイン・バルセロナで開催中の携帯見本市MWC 2015より。日本のプラスワン・マーケティングは、freetelブランドのWindows Phone 8.1スマートフォン、その名も「Ninja」を出展しています。

法人・コンシューマ向けに今夏までに国内発売予定。『Office 365とのシナジーを発揮できる』と法人顧客向けメリットを強調します。

国内におけるWindows Phoneの発売は、KDDIが2011年夏に発売した東芝製スマートフォン IS12Tを最後に途絶えています。

ところが2015年に入り、マウスコンピュータとプラスワン・マーケティングがWindows Phoneの国内発売を相次ぎ発表。京セラも高耐久Windows Phoneを参考出展するなど、Windows Phoneが国内市場でもにわかに盛り上がりを見せてきました。



プラスワン・マーケティングが今回出展した「freetel Ninja」は、Windows Phone 8.1を搭載したスマートフォン。

主な仕様は 64bit クアッドコアプロセッサ、5.0インチ 1280 x 720 マルチタッチディスプレイ、1GB RAM、8GB ストレージ、背面800万画素カメラ、フロント200万画素カメラ、2500mAhのバッテリー容量など。なお背面はメタルのように見えますがプラスチック素材です。

SIMロックフリーで、法人・一般消費者向けに今夏までに国内発売される予定。





Windows Phoneの発売意義について同社は「Office 365とのシナジー」を掲げます。

担当者は『Office 365をノキアのWindows Phoneと一緒に使うとすごく使いやすかった』とし、『PCで作成した資料やOutlookのスケジュールがクラウド経由でスマートフォンにすぐ入る』『Office 365をAndroidと一緒に使っている方も多いと思うが、Windows Phoneのほうがシナジーがあるわけで、その点をわかっていただけると響く』と法人顧客向けにメリットがあるとしています。

なおマイクロソフトがWindows Phone 8.1向けに提供するWindows 10無償アップデートについては、『基本的には対応していきたい』と前向きな姿勢を示す一方、法人顧客にとってはアップデートが負担になるとし、アップデートをするしないの選択肢を設けるかも含め、現在検討中としています。


(同社のWindows Phone "Ninja"でエクセルを編集している様子)

なお一般消費者向けには『アプリが少なくユーザーエクスペリエンスを想像しにくい』と訴求点に弱いことを認めつつも『WEB閲覧やメールが中心なら問題ない。今後マイクロソフトがアプリを充実させれば、一般ユーザーにも広がっていくのではないか。マイクロソフトの頑張りに期待したい』と話しました。

TechCrunch 注目記事「新型コロナの影響で自宅待機中のTechCrunchスタッフを熱中させているもの

新型コロナウイルス 関連アップデート[TechCrunch]

TechCrunch Japanへの広告掲載についてのお問い合わせはad-sales@oath.com まで。媒体概要はメディアガイドをご覧ください。

関連キーワード: freetel, MVNO, mwc2015, ninja, smartphone, Windows Phone, windows phone 8.1, WindowsPhone
0シェア

Sponsored Contents