マイクロソフト、Office 2016 for Macプレビュー提供開始。RetinaディスプレイやYosemite対応

Tomohiko Hasegawa
Tomohiko Hasegawa
2015年03月11日, 午後 01:30 in Mac
0シェア


マイクロソフトが Office 2016 for Macのプレビュー版をリリースしました。現行バージョンの Office for Mac 2011 (2010年リリース)からは実に約5年ぶりの次期バージョンにあたります。

日本語を含む16か国語に対応し、動作要件は OS X Yosemite (10.10)。Retina Displayにも対応しました。


今回公開されたOffice 2016 for Mac プレビュー版に含まれるアプリケーションは、Word、Excel、PowerPoint、OneNote、Outlookの6種類。

現行バージョンのOffice for Mac 2011から新たにOneNoteが追加された形ですが、OneNote for Macは昨年の3月からMac App Storeで無料配布中です。




マイクロソフト公式のOffice Blog によれば、Office 2016 for Mac の新機能や変更点は:
  • 各種OneDriveへの対応(通常版に加え、SharePoint用やfor Businessなど)
  • Windows 10向けのユニバーサルアプリ、iOSやAndroidアプリなど、各プラットフォーム版Officeとの連携を強化
  • Office for Mac 2011から採用されたリボンUIの配置や大きさ等の大幅な見直し
昨年の10月と今年の1月に公開されたWindows 10 テクニカルプレビュー版と同様、Office 2016 for Mac プレビュー版も、プレビュー期間中のアップデートに対応します。通常はインストール後、60日間の利用が可能ですが、最新のアップデートに追随していけば、有効期間が都度延長されていきます。

また、製品版リリース後も約1か月はそのまま利用可能ですので、製品版相当の最終プレビュー版をしっかりと使い込んでから、アップグレードもしくは新規購入の最終判断を下すこともできます。

なお製品版のリリースは2015年後半予定。Windows版のOfficeのように、Mac版も日本独自のライセンス形態が準備されるかどうかは未定です。

TechCrunch 注目記事「新型コロナのソーシャルディスタンス(社会的距離戦略)を強力に支援するビデオチャットアプリ8選

関連キーワード: Mac, Microsoft, office, Office 2016, RetinaDisplay, yosemite
0シェア

Sponsored Contents