ニコニコ超会議:JALが国際線ファーストクラス座席を出展。一生に一度かもしれない機会に興奮

小口貴宏(Takahiro Koguchi)
小口貴宏(Takahiro Koguchi), @TKoguchi787
2015年04月26日, 午後 05:48 in Flight
0シェア
FacebookTwitter

幕張メッセで4月26日まで開催中のニコニコ超会議 2015より。JAL(日本航空)は、国際線ファーストクラスの座席を体験できるブースを設置しています。ゆったり座れる座席や大画面モニタなど、なかなか手の届かないファーストクラスの居心地を体験できます。

ファーストクラスは、JALではエコノミー・プレミアムエコノミー・ビジネスの上に位置する最上位クラス。特徴は、座席スペースが広いだけではなく、機内食を予約段階で「こういうのが食べたい」とリクエスト可能。また就寝時には羽毛布団など高級寝具を使えます。なおチェックイン時間や使えるラウンジはビジネスクラスと共通です。




JALによるとファーストシート座席の旅客機以外での公開は今回が初めて。

ブースにて実際に座ってみると、シートがふかふかで横幅が広くゆったりと座れるほか、ボックスなので周りの目を気にする必要がありません。また前方の液晶モニターは23インチで小型テレビに匹敵する大きさ。電源を入れることはできませんでしたが、コンテンツの視聴も快適そうです。

シートのフルフラット化も当然可能。シート自体がふかふかしており、超会議では試せませんでしたが、ここに寝具を敷けば寝心地も良さそうです。


23インチの液晶モニタ。エコノミークラスのそれと比較すると大きさは段違いです。






足を思いきり伸ばしてもなお奥行きに余裕があります。机は手前に引っ張りだして作業が可能。客層敵にこのクラスの乗客は仕事に追われて飛行にでパソコンを操作することはあまりないのでしょうが、パソコンなども操作しやすそうです。


JALブースではこのほか旅客機のフライトシミュレーターも。


また超会議のイベントホールでは、JALロゴのついた飛行機のタラップカーを階段代わりに設置。降りた先ではJALブースへのボーディングパスを配布していました。
 
 

4眼仕様のAI活用カメラでさらに美麗な写りになった「HUAWEI P40 Pro 5G」

Sponsored by ファーウェイ ジャパン

 

TechCrunch 注目記事「新型コロナのソーシャルディスタンス(社会的距離戦略)を強力に支援するビデオチャットアプリ8選

新型コロナウイルス 関連アップデート[TechCrunch]
関連キーワード: Flight, jal, niconico chokaigi, niconico chokaigi 2015
0シェア
FacebookTwitter