Windows 10 無償アップグレードは7月29日提供開始。PC およびタブレット向け

Munenori Taniguchi
Munenori Taniguchi, @mu_taniguchi
2015年06月1日, 午後 11:38 in Cortana
0シェア
 
マイクロソフト が、Windows 10 を7月29日より提供開始すると発表しました。まずは PC およびタブレット向けのWindows 10 Home および Pro の無償アップグレードがリリースされます。また、Windows 10 搭載のPCのやタブレット製品も早いものは同日の発売となりそうです。
 
 7月29日にリリースされるのは PC およびタブレット向けの Windows 10 Home および Windows 10 Pro。アップグレード向け、またはプリインストール製品向けのリリースであり、新規インストール用のWindwos 10 の発売はもう少し先になりそうです。無償アップグレードの提供期間は1年間。

一方、マイクロソフトは PC / タブレット向け以外の Windows 10 各エディションについて今年後半のリリース予定としており、具体的なリリース日はまだわかりません。

無償アップグレードの対象 OS は Windows 7 SP1 / 8.1 。Windows 8 は事前に 8.1 へアップグレードする必要があります。Windows RT /RT 8.1 にはWindows 10 の提供はないものの、今後のアップデートでWindows 10 の一部機能を提供するとしています。

Windows 10 は新機能として会話型音声認識アシスタントの「Cortana」や、新レンダリングエンジンを搭載するブラウザー「Spartan」 改め「Microsodft Edge」を搭載します。またシステムファイルの圧縮やリフレッシュ/リカバリーシステムの改善により、OS が専有するストレージ容量も現行 OS に比べ数 GB の削減が見込まれるとしており、ストレージ容量の少ないタブレット製品などではアップグレードによって運用が楽になる可能性があります。

なお、Cortana に関しては日本語版の提供がWindows 10 リリースには間に合わない模様です。

TechCrunch 注目記事「新型コロナのソーシャルディスタンス(社会的距離戦略)を強力に支援するビデオチャットアプリ8選

関連キーワード: Cortana, Microsoft, Microsoft Edge, spartan, upgrade, windows, windows10
0シェア