ソニー、Android 5.1 Lollipopアップデートを海外で7月開始。Xperia ZシリーズやT2 Ultraなど対象

小口貴宏(Takahiro Koguchi)
小口貴宏(Takahiro Koguchi), @TKoguchi787
2015年06月7日, 午前 10:09 in android
0シェア


SonyMobileは、Xperia Zシリーズなどの自社スマートフォンに対し、Android 5.1 Lollipopアップデートの提供を海外で7月より開始すると発表しました。
対象はXperia Z1、 Z2、Z3などのZシリーズ全機種のほか、Xperia T2 Ultra、Xperia C3です。またLollipopアップデートの対象機種にXperia M2とXperia M2 Aquaが追加され、こちらはAndroid 4.4から5.1に一気に更新されます。

なお今回発表されたのはアップデートが7月に始まるという情報のみで、機種別の提供時期は明かされていません。

ただソニーはAndroid 5.0アップデートの際にも、2月に提供を開始すると言っておきながら実際には1ヶ月遅れの3月末に開始したという前科があり、時期は多少前後する可能性があります。

Android 5.1はAndroid Lollipop世代の最新バージョンで、Android 5.0のマイナーバージョンアップという位置づけです。主な変更点はクイック設定パネルのUI改良、デュアルSIMのサポート強化など。

なお今回の発表はあくまでグローバル向け。日本におけるXperiaシリーズへのLollipopアップデートは通信キャリアが提供を発表していますが、時期は公表されていません。またグローバルではLollipopに更新されるXperia Z / Z1は日本モデルではLollipopに更新されないなど、国内のXperiaユーザーからは不満の声も聞かれているのも確かです。

TechCrunch 注目記事「新型コロナのソーシャルディスタンス(社会的距離戦略)を強力に支援するビデオチャットアプリ8選

新型コロナウイルス 関連アップデート[TechCrunch]

TechCrunch Japanへの広告掲載についてのお問い合わせはad-sales@oath.com まで。媒体概要はメディアガイドをご覧ください。

関連キーワード: android, android5.1, android5.1 Lollipop, lollipop, SONY, SonyMobile, xperia
0シェア