ピポサルやトロもスマホアプリへ?SCEがスマートデバイス向けゲームアプリ新会社「フォワードワークス」設立

Munenori Taniguchi
Munenori Taniguchi, @mu_taniguchi
2016年03月25日, 午後 12:50 in av
0シェア
あと1週間でソニー・インタラクティブエンタテインメント(SIE)に名前が変わる SCE ことソニー・コンピュータエンタテインメントが、モバイル・デバイス向けのゲーム制作会社「フォワードワークス」を設立すると発表しました。プレイステーションでおなじみのゲームやそのキャラクターを活用し、日本およびアジア向けにゲームアプリを提供するとしています。発表文においてフォワードワークスの事業内容についての詳しい説明はないものの、SCE が所有してきたプレイステーション関連の IP(知的財産)を移管し、iPhone や Android などのスマートデバイスに最適化したモバイルゲームアプリを開発するとしています。

プレイステーションといえば、初代モデルが発売されたのは1994年で、その歴史はもう22年にもなり、その間に生まれた名作ゲームや、「トロ」「ピポサル」に代表されるキャラクターも豊富。それらを活用しアレンジしたゲームが、手元の iPhone や Android スマートフォンで遊べるようになりそうです。
 

上は2013年1月(日本版)発売の格闘ゲーム、PlayStation All-Stars Battle Royale の皆さん(他1名)
 
ちなみにソニーは過去、2012年に「PlayStation Mobile(PSM) を開始し、Androidでも動作するゲームを提供していました。具体的にはソニーの携帯ゲーム機や「PlayStation Certified」を取得した Android スマートフォン/タブレット上で仮想マシンを動かし、共通のゲームが遊べるというもの。

ただ PSM はそのコンセプトが伝わりにくかったのか、これといった盛り上がりを見せることもなく2015年夏にサービスを終了しています。

ちなみに、自前の IP 資産とともに、一足先にモバイルアプリへ参入した任天堂は「厳選したタイトル」と説明しつつ投入した第1弾が『Miitomo』というまさかの変化球だったため、発表時に全国のファンがハニワ顔になるという事態を招きました。

フォワードワークスは発表文にて「ゲーム性を重視した本格的なゲームタイトル」と煽っていることから、やはり期待を膨らませずにいられないものの、フタをあけるまでは身構えておくほうが良さそうです。

TechCrunch 注目記事「新型コロナの影響で自宅待機中のTechCrunchスタッフを熱中させているもの

新型コロナウイルス 関連アップデート[TechCrunch]

TechCrunch Japanへの広告掲載についてのお問い合わせはad-sales@oath.com まで。媒体概要はメディアガイドをご覧ください。

関連キーワード: av, ForwardWorks, gaming, japan, mobile, PlayStation, PlayStationMobile, psvita, SCEI, SIE, sony, Vita, XperiaPlay
0シェア