熊本で震度7受けLINE、携帯・固定電話への通話を最大10分間無料化 (追記)輻輳を助長する恐れ

小口貴宏(Takahiro Koguchi)
小口貴宏(Takahiro Koguchi), @TKoguchi787
2016年04月15日, 午前 12:15 in LINE
0シェア
FacebookTwitter


LINEは、一般の携帯・固定電話にもかけられるIP電話サービス「LINE Out」において、日本国内の番号への発信を1通話最大10分まで無料にしたと発表しました。熊本で震度7の地震が発生したことに伴う措置で、LINEで繋がっていない方への安否確認に利用できるとしています。

▲LINE Outの使い方

(追記:2016年4月15日 午前1時19分) LINEはこのようにIP通話サービスを無料開放しましたが、携帯・固定電話への音声通話は輻輳の原因となる恐れがあります。安否確認の場合はなるべくテキストメッセージかメールを活用し、不要不急の音声通話は避けることが望まれます。なおNTTドコモ・KDDI・ソフトバンクの3キャリアは安否確認用に災害用伝言ダイヤルを用意しています。

(追記2:2016年4月15日午前2時22分) LINEは公式Twitterアカウントにおいて、『LINE Outは回線に負荷が集中する恐れがあるため、緊急性が高い場合のみご利用いただくようご協力をお願いします』と新たにツイートしています。
 
 

 

TechCrunch 注目記事「新型コロナのソーシャルディスタンス(社会的距離戦略)を強力に支援するビデオチャットアプリ8選

新型コロナウイルス 関連アップデート[TechCrunch]
関連キーワード: LINE, line out
0シェア
FacebookTwitter