フルHD&複数サービス同時配信に対応したCerevoのライブ配信機『LiveShell X』。6万9800円で今夏発売

TOKORO KEI
TOKORO KEI
2016年04月19日, 午後 01:45 in cerevo
0シェア


Cerevoは、PC不要で動画サービスへの配信ができるライブ配信機器 LiveShellシリーズの最新モデル『LiveShell X』を発表しました。2016年夏に発売される予定で、直販サイトでの価格は6万9800円(税別)。

LiveShellシリーズの最上位機種に位置付けられ、フルHD画質でのライブ配信や、複数の動画サービスへの同時ライブ配信、ライブ配信した映像の録画機能などに対応しているのが特徴です。

『LiveShell X』は、ビデオカメラなどにHDMIケーブルで接続することで、PCを使わずにUstreamやニコニコ生放送などへの配信ができる小型のライブ配信機器です。従来モデルの「LiveShell PRO」は、720/30pのHD画質までしかサポートされていませんでしたが、本製品では1080/60pのフルHD画質をサポート。より高画質でのライブ配信が可能になりました。



対応する動画サービスは、Ustreamとニコニコ生放送、YouTube Live、ツイキャス、Twitchなど。また、AbemaTV FRESH!、SHOWROOMにも対応予定となっているほか、専用サーバーを用いた独自配信も可能。最大3サービスへの同時ライブ配信が可能で、同じ動画サービスに別アカウントで配信を行うことなどもできます。



また、本体側面にはSDXC対応のmicroSDカードスロットを備え、本製品単体で映像を録画できる機能を搭載。ライブ配信と録画を同時に行うことも可能です。なお、同時配信や録画を行う場合、配信または録画の本数と映像出力解像度はトレードオフの関係にあり、本数が増えると解像度の最大値が下がる仕様となっています。



このほか、最新の動画圧縮規格 H.265をサポートしており、従来のH.264と比較して、半分程度のビットレートで同等の画質を、同等のビットレートで倍の画質を実現することが可能。また、画像挿入機能では透過PNGをサポートし、テキストやロゴのみをライブ映像に重ねて表示することが可能になりました。さらに、ライブ配信中または録画中の映像をタブレットやPCで同時再生して確認できるリアルタイムプレビュー機能なども搭載しています。



その他の仕様は、本体サイズが約102×42x100mm、重量がバッテリーを含めて約480g。電源はACアダプタまたはバッテリーで、バッテリー使用時の連続駆動時間は約3時間。インターネット接続では、10BASE-T/100BASE-TXの有線LAN、IEEE 802.11ac/b/g/nのWiFiに対応します。なお、開発中のため、製品時には仕様が異なる可能性があるとしています。

TechCrunch 注目記事「新型コロナの影響で自宅待機中のTechCrunchスタッフを熱中させているもの

新型コロナウイルス 関連アップデート[TechCrunch]

TechCrunch Japanへの広告掲載についてのお問い合わせはad-sales@oath.com まで。媒体概要はメディアガイドをご覧ください。

関連キーワード: cerevo, LiveShell, LiveStreaming
0シェア