WWDC 2016は6月14日の午前2時から。GPU搭載新型5Kモニタや新MacBook Pro正式発表の噂もあり

Yuki Yamashita
Yuki Yamashita
2016年06月3日, 午後 04:50 in 5k
0シェア
FacebookTwitter

アップルの開発者向けイベント『WWDC 2016』が、現地時間の6月13日(日本時間の6月14日)よりサンフランシスコで開催することが決定しました。公式サイトはプログラムコードをイメージしたトップ絵となっています。

年に一度、6月に開催されるWWDCでは、開発者向けに新技術が発表されていますが、その一方で、アップルの新たな製品やサービスの発表にも期待が高まります。

6/3訂正:記事初出時、日本時間のWWDC開幕日時を「6月13日」と記載しておりましたが、正しくは6月14日です。お詫びして訂正いたします。
新製品のウワサとしては、9to5Macが報じたアップルのGPUを搭載するかもしれない新型5K液晶ディスプレイをはじめ、新型MacBook Proが発表されるとも囁かれているほか、iOS、tvOS、watchOSの新バージョンが発表されるとの予想もあります。

基調講演は、日本時間で6月14日の午前2時よりスタート。イベントの様子はライブ配信され、MacやiOS端末での視聴に対応したWWDCのサイトのほか、WWDCアプリから視聴できます。かなり夜更かし(というより徹夜)することになりますが、気になる方はチェックしてみてください。

例年、アップルファンや新し物好きの注目を集めるWWDCですが、今年はどんな新機能・新製品が発表されるのか、今から楽しみにしておきましょう。
 
 

4眼仕様のAI活用カメラでさらに美麗な写りになった「HUAWEI P40 Pro 5G」

Sponsored by ファーウェイ ジャパン

 

TechCrunch 注目記事「新型コロナのソーシャルディスタンス(社会的距離戦略)を強力に支援するビデオチャットアプリ8選

新型コロナウイルス 関連アップデート[TechCrunch]
関連キーワード: 5k, Apple, ios, MacBook Pro, tvOS, watchOS, WWDC, wwdc2016
0シェア
FacebookTwitter

Sponsored Contents