カメラ修理エンジニアも体験可能、キヤノンが小学生向けワークショップを8月開催。夏休みの自由研究にもOK

hagimi hagiwara
hagimi hagiwara
2016年06月6日, 午後 02:30 in camera
0シェア


キヤノンは、小学生のいる親子向け体験イベント『キヤノンキッズパーク2016 〜自由研究はキヤノンにおまかせ!〜』を7月19日〜8月31日まで開催します。科学実験や職業体験などが楽しめ、夏休みの思い出作りや自由研究にぴったりです。人気のイベントは抽選で、6月中に申し込みが始まる先着順のイベントもあるのでさっそくチェック!『キヤノンキッズパーク2016 〜自由研究はキヤノンにおまかせ!〜』はキヤノンが2010年から毎年夏休みに実施している親子向け無料イベント。科学実験から職業体験、自由研究など約12種類のワークショップが東京、名古屋、大阪のキヤノンショールームで開催されます。



職業体験教室では、ショールームのスタッフやカメラの修理エンジニアの仕事を体験できます。ショールームスタッフ体験では女の子はコサージュ、男の子はネクタイを着けて実際のお客さんに本格的な接客ができるとのこと。修理エンジニア体験では、ミラーレスカメラをパーツから組み立てるそうなのでデジモノ好きのお父さんお母さんも興奮の内容になりそうです。

自由研究教室は、牛乳パックを使ったカメラや3Dビューアー、万華鏡の工作などが用意されています。そのほか予約不要のうちわ作りなどのイベントもあります。


科学実験教室では、全国の学校やテレビで活躍する環境パフォーマー「らんま先生」による科学ショーのほか、色や光の仕組みが学べるワークショップが4種類用意されています。どれも人気が高く、抽選式となっています。



どのワークショップも、子どもはもちろん親もワクワクしてしまうものばかり。まだ夏休みは先ですが、6月中に申し込みが始まるイベントもあるので、小学生のお子さんがいる方はチェックしてみてください!

TechCrunch 注目記事「新型コロナの影響で自宅待機中のTechCrunchスタッフを熱中させているもの

新型コロナウイルス 関連アップデート[TechCrunch]

TechCrunch Japanへの広告掲載についてのお問い合わせはad-sales@oath.com まで。媒体概要はメディアガイドをご覧ください。

関連キーワード: camera, canon, kids, workshop
0シェア