Apple Watchで音質を選べる『Beoplay H5』国内発表。B&O Play初のBluetoothイヤホン

Munenori Taniguchi
Munenori Taniguchi, @mu_taniguchi
2016年07月5日, 午後 05:50 in av
0シェア
 
B&O PLAYブランドの製品を取り扱う完実電気が、同ブランド初のBluetoothイヤホン「Beoplay H5」を国内発表しました。左右ユニットをリモコンケーブルで結んだ格好のワイヤレスイヤホンで、Apple Watchやスマートフォンアプリから内蔵DSPを設定できます。リリース文によると、Bang & Olufsenのサウンドエンジニアが実施したというチューニングは特定の音楽ジャンルに偏らないよう、また疲労感のないサウンドにしているとのこと。専用のアプリを使えば、スポーツや通勤、ポッドキャスト、リラックスしたい時など、あらゆるシチュエーションにあわせた内蔵DSPのプリセットを選択できるとしています。
 
 
デザインはBang & Olufsen/B&O Playのファンならお馴染み(かもしれない)ヤコブ・ワグナー。ハウジングの黒い部分はゴム製で、内蔵のマグネットにより左右ユニットをくっつけるだけで電源をオフできる仕組みになっています。また充電器にもマグネットが使われており、ユニットを充電器の凹部分に付ければ充電が可能です。

ドライバーは6.4mm径のダイナミック型を採用。Bluetooth 4.2に対応し、バッテリーによる連続再生時間約5時間。イヤーチップには通常のシリコンチップを4サイズ付属したほか、さらにコンプライ製の「Comply Sport」を3サイズ、合計7種類を同梱しています。本体カラーはブラックとダスティローズの2種類を用意しました。
Beoplay H5の国内発売時期は7月下旬。価格は税込みで2万9980円です。

Beoplay H5と同じ価格帯のEARINなど、最近は完全ワイヤレスのBluetoothイヤホンが人気獲得の兆しを見せています。ただし、完全ワイヤレスだと左右ユニット間を結ぶ電波が利用者の頭で減衰し、使用環境によっては音が途切れるという話もちらほらと耳にします。そう考えると、Beoplay H5のような"線1本"のBluetoothイヤホンのほうが安心して音楽を楽しめるかもしれません。

TechCrunch 注目記事「新型コロナのソーシャルディスタンス(社会的距離戦略)を強力に支援するビデオチャットアプリ8選

関連キーワード: av, BandandOlufsen, BangOlufsen, Beoplay, BeoplayH5, bluetooth earbuds, Bluetooth Earphone, BOPlay, gear, H5, wearables
0シェア