北米版のPS Plusの料金が来月から値上げに。日本版についての言及はなし

Kiyoshi Tane
Kiyoshi Tane
2016年08月25日, 午後 03:00 in PlayStation
0シェア
Plus
北米版のPlaystation.Blog(プレステ関連の情報を提供する公式ブログ)にて、海外でのPS Plusの料金値上が発表されました。それによると、12ヶ月の利用権がこれまでの49.99ドル(約5020円)から59.99ドル(約6030円)に、3ヶ月利用権が17.99ドル(約1810円)から24.99ドル(約2510円)にそれぞれアップ。値上げは来月の22日に予定されています。

PS PlusはSIE(ソニー・インタラクティブ・エンタテインメント)が有料で提供する追加オプションサービスです。その主な内容は、ざっと以下の通り。

1.フリープレイ
PlayStation®Storeで配信中のコンテンツのうち、毎月セレクトされたゲームを回数や期間の制限なくプレイ可能。その月が過ぎても、一度ダウンロードしたタイトルは、PS Plusに加入している限り遊べるのが魅力です

2.ディスカウント
加入者限定の割引価格でコンテツを購入可能

3.ゲームトライアル
製品版を、起動から一定時間プレイ可能。いわゆる「体験版」のプレイです

4.先行配信
オンラインゲームのβテストへの優先参加や体験版の先行配信、コンテンツの先行購入など

5.オンラインマルチプレイ
オンラインでの他のプレイヤーと対戦・協力プレイ

6.セーブデータお預かり(オンラインストレージ)

ゲームソフトのセーブデータをオンラインストレージにバックアップ。同一アカウントで登録している他のPSハードにも簡単に移行できる便利な機能です

7.自動ダウンロード
最近プレイしたゲームソフトの更新データのダウンロードを自動的に行う。PS4ではPS Plus会員以外でも可能です

8.自動トロフィー同期
予め設定した時間帯にトロフィー情報をサーバーと同期するように設定する事が可能に。これもPS4では会員以外でも利用できます

今回の値上げを発表したPlaystation.Blogでは「今回のアメリカとカナダ(同じく料金変更)の値上げは2010年のサービス開始以来、初めてのこと。新たな価格設定は現在の市場の状況を反映させつつ、メンバーの皆さんに並外れた価値を提供し続けることを可能とするものです」と説明しています。今のところ北米以外での価格改定については言及はありません。



現在、日本でのPS Plusは1ヶ月476円+税、3ヶ月1,238円+税、12ヶ月4,762円+税で提供中です。最新のゲームではオンラインプレイを可能とする一方で、過去のゲームライブラリを手軽に利用できるサービスでもあり、今後の動向を見守りたいところです。

TechCrunch 注目記事「新型コロナのソーシャルディスタンス(社会的距離戦略)を強力に支援するビデオチャットアプリ8選

新型コロナウイルス 関連アップデート[TechCrunch]

TechCrunch Japanへの広告掲載についてのお問い合わせはad-sales@oath.com まで。媒体概要はメディアガイドをご覧ください。

関連キーワード: PlayStation, ps plus, ps vita, ps4, sony
0シェア

Sponsored Contents