HPの高性能Win 10 Mobileスマホは約8万円で9月5日発売。ノートPC風ドックなどオプション品も充実

JIN UTSUI
JIN UTSUI
2016年08月31日, 午後 03:30 in hp
0シェア
Other

日本HPは9月5日、OSにWindows 10 Mobileを搭載したSIMフリースマートフォン『HP Elite x3』を発売します。Continuumに対応した約6インチのディスプレイを備える機種で、価格は7万7800円(税別)。

取り扱いは同社オンラインストアや日本HP販売代理店などで、製品自体の発送は10月初旬より順次となる予定です。またビックカメラ、ヨドバシカメラに設置の常時展示スペース「HP Directplus Station」、二子玉川 蔦屋家電では、10月下旬以降取扱いを予定しています。

またKDDIでも同日(9月5日)より、法人向けのスマートフォンとして販売します。Windows 10 Mobile搭載スマートフォンとしては国内で初めてVoLTEに対応し、キャリアアグリゲーションやWiMAX 2+も利用可能です。
『HP Elite x3』は、2月に発表されたWindows 10 Mobile搭載のSIMフリースマートフォンで、今回価格や発売日などが明らかになった格好です。5.96インチ(2560×1440ドット)の有機ELディスプレイを備え、プロセッサーはクアルコムのSnapdragon 820、RAM4GB/内蔵ストレージ64GBを備えるなど、Windows 10 Mobile搭載機という枠を取り払っても高い性能がポイントです。

Other

ボディはIP67水準の防塵防水仕様、米軍調達基準の「MIL-STD 810G」をクリアした堅牢な設計。虹彩認証と指紋認証にも対応しているうえ、データ面でもハードウェアレベルでの暗号化を施し、セキュリティも重視しています。

カメラに関しても、アウトカメラはF値2.2で1600万画素でインカメラは800万画素。さらに虹彩認証用として240万画素の赤外線カメラも装備しています。オーディオ・通話面では、最大1.2WのBang & Olufsen製のオーディオスピーカーや、全方向のノイズリダクション対応のマイク3基も搭載しています。

Other

無線通信は802.11a/b/g/n/ac、Bluetooth 4.0、NFCをサポート。対応するSIMカードの形状はnano SIM。
インターフェースはUSB 3.0 Type-Cポートと、ステレオヘッドフォン/マイク兼用ジャック(3.5mm 4極)。
内蔵バッテリー容量は4150mAhで、待ち受けは約500時間、通話約33時間可能。無線充電もQi/PMAの両方に対応します。本体サイズと質量は約161.8×83.5×7.8mm/約194g。

対応バンドは、3Gバンドが1/2/4/5/8。4G(FDD-LTE)がバンド1/3/5/7/8/19/20/26/28。TDD-LTEはバンド38/39/40/41です。

本体以外にも急速充電対応のデスクドック(1万2000円)、12.5インチのノートドック(4万9800円)、耐衝撃ケース(4000円)、ASスクリーンプロテクタ(4000円、いずれも税別)も9月下旬に販売。

Other

なかでもユニークなのは「ノートドック」。狭額縁の12.5インチディスプレイ(1920×1080ドット)とバッテリーを搭載したノートブック型の『HP Elite x3』対応の「外付け機器」です。Continuumを活用し、ノートPCのような感覚で利用できます。また、有線接続で『HP Elite x3』を充電しながら使用することも可能。

Other

インターフェースはUSB Type-C(データ転送、『HP Elite x3』のドッキングや充電用)、
USB Type-C×2(データ転送、電力入力・出力用)、Micro HDMI、ステレオヘッドフォン端子。本体サイズ/重量は、約289×201×13.8mm/約1.07kg。

また、本日8月31日~9月30日まで、TSUTAYA TOKYO ROPPONGI 2階において、実機を体験できるスペースも開設します。発表時から気になっていた東京近郊のEngadget読者の方は、ぜひ訪れてみてはいかがでしょうか。

TechCrunch 注目記事「新型コロナの影響で自宅待機中のTechCrunchスタッフを熱中させているもの

新型コロナウイルス 関連アップデート[TechCrunch]

TechCrunch Japanへの広告掲載についてのお問い合わせはad-sales@oath.com まで。媒体概要はメディアガイドをご覧ください。

関連キーワード: hp, Windows 10 mobile
0シェア