動画:1980円で海外へ、VRで旅行気分「SYNC TRAVEL」。THETAライブで現地とリアルタイムやりとり。体験者募集中

Marika Watanabe
Marika Watanabe
2016年10月24日, 午後 05:30 in Engadget JP channel
0シェア


Engadget 日本版 YouTubeチャンネルより。KDDIとナビタイムジャパンは、VRを利用したリアルタイム遠隔海外旅行サービス『SYNC TRAVEL』を期間限定で提供します。10月26日まで体験者募集中。

SYNC TRAVELは、現地にいるガイドが持つ全方向性カメラ『RICOH THETA』からのライブ映像を、装着したVRゴーグル『Oculus Rift』を通して見ることにより、あたかもその土地を旅行したかのような体験を提供するサービス。ガイドの胸元にあるモニターには、"旅行中"の(ゴーグルを装着した)ユーザーの顔が映し出されているため、現地で出会う人とのリアルタイムコミュニケーションもとれます。

11月3日と4日、それぞれ正午から21時に東京・表参道の特設会場で、ロンドン(イギリス)、バンコク(タイ)、シドニー(オーストラリア)を、このVRによって旅行するサービスを提供します。体験希望者はNAVITIME トラベルで受け付けており、限定28組(2人1組)が体験できます。


KDDIデジタルマーケティング部・塚本陽一氏は「世界旅行を、もっと自由に」をテーマにしていること、「既存(すでにパッケージとして作成済み)のコンテンツではできなかった、現地の人とインタラクティブなコミュニケーションがとれるという点がこれまでのVRと異なっている」と説明しました。



なお、サービス料金は1組1980円、体験時間は15分〜20分程度で、体験後には体験した国の飲み物が振る舞われるほか、VR録画映像、VRゴーグル『ハコスコ』が後日プレゼントされます。

 

広告掲載についてのお問い合わせはad-sales@oath.com までお知らせください。各種データなどはこちらのメディアガイドをあわせてご覧ください。

 

関連キーワード: Engadget JP channel, kddi, Navitime, Oculus Rift, RICOH THETA, SYNC TRAVEL, THETA, travel, vr
0シェア

Sponsored Contents