回線工事不要で440Mbps、UQが宅内向けのWiMAX 2+ルータ「L01」を2月17日発売

固定回線の代替に便利

小口貴宏(Takahiro Koguchi)
小口貴宏(Takahiro Koguchi), @TKoguchi787
2017年02月13日, 午後 03:00 in Network
0シェア
FacebookTwitter

UQコミュニケーションズは、下り440Mbps対応のファーウェイ製ホームルータ「Speed Wi-Fi HOME L01」を2月17日に発売します。「固定回線の代替」を狙う製品で、固定回線のように開通工事が不要。購入後、コンセントに繋ぐだけで受信440Mbpsの高速インターネットが使える点を売りにします。

Wi-FiはIEEE 802.11 a/b/g/n/acに対応。また2.4GHz / 5Ghz帯の両方の周波数を同時に利用できる点も売りにします。また、周波数ごとに最大20台、計40台の端末を接続できます。

WAN側となるモバイルネットワークは、WiMAX 2+の4x4 MIMOおよびCA(キャリアアグリゲーション)通信に対応し、スループットは下り最大440Mbps。さらにau 4G LTEでも800MHzでのCA通信で下り最大225Mbpsに対応します(いずれも理論値)

UQオンラインショップにおける価格は次のとおりです



料金プランは「WiMAX 2+ フラット for DATA EX」(データ量無制限)と「WiMAX2+ フラット for DATA」(月間データ量7GBまで)を選択可能。前者の場合、加入から最大25か月間は月4380円でデータ通信が使い放題となります。(3日で10GB制限あり、26か月以降は4880円)。

ちなみにこの製品自体はauが発表済みのファーウェイ製「Speed Wi-Fi HOME L01」と実質的に同じものとなっています。
 
 

4眼仕様のAI活用カメラでさらに美麗な写りになった「HUAWEI P40 Pro 5G」

Sponsored by ファーウェイ ジャパン

 

TechCrunch 注目記事「新型コロナのソーシャルディスタンス(社会的距離戦略)を強力に支援するビデオチャットアプリ8選

新型コロナウイルス 関連アップデート[TechCrunch]
関連キーワード: Network, router, uq, wimax, wimax2plus
0シェア
FacebookTwitter

Sponsored Contents