アップルWWDC 2017直前予測まとめ:Siriスピーカー、新iPad Pro、新MacBook Pro etc...

どんなんかな~

Munenori Taniguchi
Munenori Taniguchi, @mu_taniguchi
2017年06月2日, 午後 08:45 in apple
0シェア
FacebookTwitter


アップルの開発者カンファレンスWWDC 2017が開催される、6月5日(日本時間6月6日午前2時)が、いよいよ週明けに迫ってきました。ここ数年は新ハードウェア発表の場ではなかったWWDCですが、今回はSiri搭載スピーカーや新型iPad発表の予想が出ており、ユーザーの期待も高まっています。

そのほかには昨年のタッチバー搭載モデル発表から短期間でアップデートの話が出てきたMacBook Pro、そしてiOSやmacOSなど各種OSの最新版に関連する発表が予想されます。

10.5インチ iPad Pro

 
多くの人がまず気になっているのが、おそらく10.5インチiPad Proが出るという話。今年はすでに新しい9.7インチ iPad が発表となりましたが、コスパの良さの向こうに透けて見える初代iPad Airの面影に新製品らしさを感じきれていない人も多いかもしれません。

そうしたユーザーにとっては9.7インチモデルの大きさに10.5インチタッチパネルを搭載すると言われる新しいiPad Proこそ本命の新製品と言えそう。そしてすでに製造現場はフル回転といううわさも流れていることから、WWDCでの発表も大きく期待が持てるところです。

ただ、10.5インチiPad ProはiPhone 8(仮)と同じくホームボタンのない全面ディスプレイになるとされ、一部では先に発表してしまうとiPhone 8発表時のインパクトを削いでしまうと懸念されています。

なお、最新の情報では、Eurasian regulator filingsの資料からiPadに関する4つのモデルナンバーが見つかったとのこと。これはWiFiモデルx2、セルラーモデルx2に該当するとの推測が出ており、さらにMagic Keyboardと思われるモデルナンバーも発見されています。

10.5インチの新 iPad Pro はWWDC発表、6月発売? Siriスピーカーは「確率50%以上」(KGIアナリスト)

10.5インチiPad Proはすでにフル生産中? 新型の12.9インチiPad Proも6月に量産スタートのうわさ

Siri搭載スマートスピーカー

Google Homeスピーカーの日本発売がわかり、茶の間で壺型デバイスにひとり話しかけるシュールなシチュエーションを楽しめるようになる日が近づく一方、4月の終わりごろから急にうわさが出てきたのがアップルのSiri搭載スマートスピーカー。こちらもすでに生産が開始しているという話が出ており、すでにモノが存在することは間違いなさそうです。

AmazonやGoogleのスマートスピーカーとの差別化ポイントとしては、より高音質かつバーチャルサラウンド機能を搭載するとのこと。

ただしすでに生産開始といいつつも、このスピーカーについては発表~即発売というパターンにはならない模様。WWDCの場では開発者たちにまずスピーカー製品を紹介し、発売を数か月先に設定することで、スピーカーが使うはずのHomeKit機能に開発者たちを引き込む戦略が考えられます。

なお、Siriスピーカーの外観についてはMac Pro似との声があり、それが本当なら壺よりは七輪またはゴミ箱のような円筒形になりそうです。

アップル、WWDCでSiri搭載スピーカーを発表か。Mac Pro風の外観にiPhone 6 /6s同等の性能:KGI談

10.5インチの新 iPad Pro はWWDC発表、6月発売? Siriスピーカーは「確率50%以上」(KGIアナリスト)

アップル、Siri搭載スマートスピーカーをWWDC 2017で発表へ。すでに生産中、今年後半発売:Bloomberg報道

MacBookシリーズ

MacBookシリーズとしては12インチMacBook、13、15インチMacBook Pro、13インチMacBook Airがありますが、そのうちMacBook Proについてはタッチバー搭載の現行モデルが登場してからわずか200日と少しであるにも関わらず新モデルの情報が出ており、最新のCPUの搭載および最大RAMの32GB化が話題に上がっています。さらに長らく更新のないMacBook Airについても根強い人気からか、新モデルが「検討されている」という微妙な話が出ています。一方で、MacBook Airの後継的な位置づけだったはずのMacBookも基本性能のアップデートがあるとされています。

なお、全体に大きなアップデートになるとは考えにくいMacBook Proなどの場合は、もし更新があったとしてもキーノート壇上での発表はなく、ウェブサイト上で静かに入れ替えが行われるのみかもしれません。


WWDCで新MacBook Pro発表?15インチ版の出荷日に異変。WWDC日程に絡む調整か

アップル、新型MacBookとProをWWDC 2017で発表か。MacBook Airにも可能性(Bloomberg報道)

iMac

アップルのデスクトップモデルの主流iMacについては、目立ったうわさはありません。とはいえ現行のiMac 5Kディスプレイモデルも2015年の発売。ある意味もっとも開発者に新モデルの登場が望まれている機種のひとつと言えるでしょう。ただ、こちらもMacBook Pro等と同様、もしアップデートがあった場合でもキーノートでの発表はスルーされる可能性が高そうです。

ティム・クック「素晴らしいデスクトップMacの計画がある」と発言。いまだ重要な製品のひとつと認める

iOS、macOS、watchOS、tvOS etc...

WWDCが開発者会議である以上、本来の主役はソフトウェアです。今回のWWDC 2017でも、アップルは開催案内で「テクノロジーだけでは足りません。テクノロジーは教養やヒューマニティと交差して、社会を強く前に押し進めなければいけません。この夏、私たちは多様性と展望、情熱と素養にあふれる多数の優秀な才能が一同に介する機会をつくります」というメッセージを添えていました。

WWDCではiOS 11、macOS 10.13、watchOS 4、tvOS 11それぞれに関する新機能などの紹介があるはずです。特にティム・クックCEO自らが装着してテストしていたとされる血糖値を常時測定可能なApple Watch用バンドは、糖尿病を患うのみならず多くの人の健康管理に役立つものとなる可能性があります。

アップル開発者向け会議「WWDC 2017」は6月5日から。サンノゼに移転、各種OSが主体の発表に

アップルのティム・クックCEO、Apple Watchで血糖値を測定していた姿が目撃される

日時と場所

WWDC 2017は6月5日~9日にカリフォルニア州サンノゼのMcEnery Convention Centerで開催されます。キーノートは初日、日本時間では6月6日の午前2時から始まります。Engadget日本版ではもちろん速報体制でその模様をお伝えします。

wwdc2017 invitation

 
 

4眼仕様のAI活用カメラでさらに美麗な写りになった「HUAWEI P40 Pro 5G」

Sponsored by ファーウェイ ジャパン

 

TechCrunch 注目記事「新型コロナのソーシャルディスタンス(社会的距離戦略)を強力に支援するビデオチャットアプリ8選

新型コロナウイルス 関連アップデート[TechCrunch]
関連キーワード: apple, apple event, apple tv, apple watch, AppleEvent, appletv, applewatch2, imac, iOS, ipad, ipadpro, ipadpro10.5, mac, mac pro, macbook, macbook air, macbook pro, macbookair, macbookpro, macOS, macpro, tvOS, watchOS, WWDC 2017, WWDC17, WWDC2017
0シェア
FacebookTwitter

Sponsored Contents