Androidスマホに直挿し全天球 カメラ「720C100」 フロンティアが発売。直販価格7980円(税抜)

安っ!

Hiromu Tsuda
Hiromu Tsuda, @boobyn
2017年07月30日, 午後 06:00 in 360
0シェア


BTOパソコンのフロンティア(インパースネット)は、Androidスマートフォンに直接接続できる全天球カメラ「720C100」を発売しました。直販サイトでの価格は7980円(税抜)。

720C100は、USB OTG対応のAndroidスマートフォンに直接接続可能な全天球カメラ。専用アプリ「VPai」を使って利用します。

2つのレンズで360度(全天球)をカバー、動画は1920 x 960ドット / 25fps、または2048 x 1024ドット / 25fpsでの撮影に対応。スマートフォンの性能によってはフレームレートが落ちる模様。静止画は400万画素相当。



映像はパノラマモードや、いわゆるリトルプラネットなどで表示可能。動画撮影や静止画撮影だけでなく、FacebookやTwitter、YouTubeなどのライブ配信もサポートしています。

Type-Cコネクタ、MicroUSBコネクタを同梱。大きさ41 x 41 x 42mmで、重さは約36g。ボディカラーはブラック、ホワイト、ブルーの3種類。

新型コロナウイルス 関連アップデート[TechCrunch]

TechCrunch Japanへの広告掲載についてのお問い合わせはad-sales@oath.com まで。媒体概要はメディアガイドをご覧ください。

 

関連キーワード: 360, 360video, 720C100, android, frontier, vr
0シェア