小型フォトプリンター「SHELPHY CP1300 」キヤノンが10月発売、重さはiPad 2台分

旅行のお供に

小口貴宏(Takahiro Koguchi)
小口貴宏(Takahiro Koguchi), @TKoguchi787
2017年08月29日, 午後 03:30 in canon
0シェア

キヤノンは、手軽に持ち運べるフォトプリンター「SELPHY CP1300」を10月上旬に発売します。価格は税別1万3800円。

SELPHY CP1300は、外出先でも写真を手軽に印刷できるフォトプリンターです。

重さはiPad Pro(10.5)約2台分に相当する860g。本体寸法は180.6 x 135.9 x 63.3mm。コンパクトかつ軽量で気軽に持ち運べる点を売りにします。駆動にはAC電源が必要ですが、別売りのバッテリー「NB-CP2LH」 を使えば、電源のない野外でも利用できます。

従来モデル(CP1200)からの変更点としては、液晶画面を2.7型から3.2インチに大型化。また、メニュー画面にアイコンを採用するなどUIを視覚的にわかりやすく改善したといいます。さらに、日付による画像検索も追加するなど、使い勝手の改善が目立ちます。

インターフェイスとしては、SDカード・USB接続・Wi-Fiに対応。さらに、キャノン専用アプリ「Canon PRINT Inkjet / SELPHY」や「AirPrint」、「Mopria」にも対応し、これらに対応したスマホなどのモバイル機器から、Wi-Fi経由でワイヤレスプリントも可能です。


旅行時にスーツケースに忍ばせておけば、撮影した写真を宿泊先でサッと印刷して、みんなで楽しむ。というような使い方もできそうです。


TechCrunch 注目記事「新型コロナのソーシャルディスタンス(社会的距離戦略)を強力に支援するビデオチャットアプリ8選

関連キーワード: canon, PhotoPrinter, printer
0シェア