顔認証は向き不向きがある?:辛酸なめこのiPhone X話

アニ文字は楽しかったけど……

辛酸なめ子
辛酸なめ子
2017年11月28日, 午前 06:00 in animoji
0シェア
はじめて使用してみたiPhone X。最初、ホームボタンがないのに違和感がありましたが、下からスワイプする動作にも何度かやるうちに慣れてきました。ディスプレイもきれいで、技術の進化を体感します。
周りの女友達見せたらかわいいと好評だったのがアニ文字。パンダや犬、まきぐそ、ウサギにニワトリなど多種ありますが、スピリチュアル系の女子にはユニコーンが人気でした。自分の顔の表情と連動するので、スマホをの画面を見ながら、いつもより激しく顔の表情筋を動かして、たるみ防止になりそうです。自然と顔ヨガもできる一石二鳥の機能です。ただ顔が薄い私は、表情を動かしても反応が鈍いことがありました。顔が濃い人が眉など動かすと、アニ文字も連動して結構楽しいみたいでした。それにしてもテキストの顔文字が2バイト位なのが、アニ文字2メガバイトの時代が到来するとは......。パケットが、ギガがさらに必要になってきます。
顔認証ロックがノーメイクで開かなかったのはショックでした。結局パスコード入力で入れましたが、iPhone Xは審美眼が厳しいです。スマホに認められる顔になれるように、普段から身だしなみに気をつけたいです。

 

TechCrunch 注目記事「新型コロナのソーシャルディスタンス(社会的距離戦略)を強力に支援するビデオチャットアプリ8選

関連キーワード: animoji, faceid, fail, ios, iphonex, nameko
0シェア