ソフトバンク、携帯会社を年内上場・2兆円調達報道に「選択肢の一つ」とコメント

過去最大規模のIPOに

小口貴宏(Takahiro Koguchi)
小口貴宏(Takahiro Koguchi), @TKoguchi787
2018年01月15日, 午前 10:55 in softbank
0シェア


ソフトバンクグループは、年内に子会社の携帯会社ソフトバンクを東京証券取引所第一部に上場させる方針を固めたと日本経済新聞が報じました。

報道によると、資金調達額は2兆円程度と過去最大規模のIPO(新規株式公開)となる見通し。計画ではソフトバンク株の約3割を投資家に売り出し、残りの7割は保有し続けるとのこと。

同報道についてソフトバンクは「当社は、資本政策に関するさまざまな選択肢を常に検討しております。ソフトバンク株式会社の株式上場もその選択肢の一つですが、正式に進めることを決定した事実はありません」とのコメントを発表しています。

TechCrunch 注目記事「新型コロナの影響で自宅待機中のTechCrunchスタッフを熱中させているもの

新型コロナウイルス 関連アップデート[TechCrunch]

TechCrunch Japanへの広告掲載についてのお問い合わせはad-sales@oath.com まで。媒体概要はメディアガイドをご覧ください。

関連キーワード: Business, ipo, Mobile, softbank
0シェア

Sponsored Contents