動画:魚目線の水中360カメラ「Bi水族館」発売、カメラまるごと防水ハウジング入りat CP+2018

水中観察の新しい形になるかも

わっき(Digital Wackys)
わっき(Digital Wackys), @d_wackys
2018年03月3日, 午前 09:00 in 360
0シェア


Engadget 日本版 YouTubeチャンネルより。CP+2018のルミカブースで見つけたのが、水中を360度ライブ映像で体験できるシステム「Bi水族館」です。360度カメラを防水ハウジングに入れて、USBの有線接続でタブレットやVRゴーグルでリアルタイムに観察できるというもの。

ハウジング内にはLEDライトも内蔵されており、水中でもキレイな映像を映し出してくれます。基本セットは防水仕様の360度カメラとケーブルで、本システム用に最適化されたタブレットやVRゴーグルもオプションとして販売予定とのこと。まるっと一式揃えればすぐに楽しむことができます。



ちょっと残念なのは、防水ハウジングの設計が水の屈折率を考慮しておらず繋ぎ目が目立ってしまうこと。高解像度かも含めて今後の課題と言えそうです。

そもそも子供達の水中観察学習用にと考えられたシステムとのことなので、VRゴーグルの仕様も年齢制限を下げられる一眼タイプでも良いのかもしれません。子供達も魚目線で観察できたら楽しいですよね。

新型コロナウイルス 関連アップデート[TechCrunch]

TechCrunch Japanへの広告掲載についてのお問い合わせはad-sales@oath.com まで。媒体概要はメディアガイドをご覧ください。

 

関連キーワード: 360, 360Camera, 360video, CP+2018, VR
0シェア