将来のiPhoneはタッチレス操作で曲面ディスプレイ? アップルが研究開発中とのうわさ

ポテチを触った指でもiPhoneが汚れないように?

Kiyoshi Tane
Kiyoshi Tane
2018年04月5日, 午後 01:30 in iphone
0シェア
FacebookTwitter
iPhone
アップルが将来のiPhone向けに、タッチレスなジェスチャーコントロールと曲面スクリーンの開発に取り組んでいるとの噂が報じられています。

前者は、実際にiPhoneに触れることなく指を画面に近づけることで「いくつかの」(全てではなく一部)操作が実行できる機能です。後者は「上から下に向かって」徐々に湾曲するかたちで、他社の「左右方向に」カーブした仕様とは異なるようです。ただし、今回の報道を伝えるBloombergによれば、まだいずれも研究段階の初期にすぎないとされています。とくにタッチレスジェスチャーコントロールは、製品に反映されるまでには少なくとも2年かかる可能性が高いとのこと。

サムスンやモトローラも以前タッチレスジェスチャーを採用した製品を投入していましたが、アップル版は仕組みが異なっているようです。サムスン版はベゼル部分のモーションセンサーを使用していたところを、こちらはディスプレイ全体に組み込まれた技術を使うとのこと。そのため、指をより画面に近づける必要があるとされています。

曲面ディスプレイについては、上下方向にカーブを描くとされているのが興味深いところです。たとえばサムスンのGalaxyシリーズに採用されたものは左右に弧を描いており、上下に反り返った製品はわずかに2013年発売のLG G Flexがある他は、ほとんど前例を見ません。

curved

この曲面ディスプレイについても、市場に投入されるとしても後2~3年はかかるとのこと。これまで、ほぼ全てのiPhoneはフラットディスプレイを採用しており、iPhone XのOLEDも底部がわずかに湾曲しているものの、人の目でそれと分かるほど強調されてはいません。

タッチレスジェスチャーコントロールと曲面ディスプレイ、いずれについてもアップルはコメントを拒否したとのこと。

curved

アップルは約2年前にもiPhone全体を包み込む曲面ディスプレイの特許を取得していましたが、いまだに製品化されていません。今回も研究のみに終わるかもしれませんが、水に濡れたりお菓子を触った指で画面に触れずにiPhoneを操作できる日を夢見たいものです。

 
 

4眼仕様のAI活用カメラでさらに美麗な写りになった「HUAWEI P40 Pro 5G」

Sponsored by ファーウェイ ジャパン

 

TechCrunch 注目記事「新型コロナのソーシャルディスタンス(社会的距離戦略)を強力に支援するビデオチャットアプリ8選

新型コロナウイルス 関連アップデート[TechCrunch]
関連キーワード: apple, CurvedDisplay, GestureControl, iphone
0シェア
FacebookTwitter

Sponsored Contents