体全体がコントローラーになるマルチタッチ・スクリーンならぬマルチタッチ「スキン」

身軽になれそう

Honyaku KanaiTetsuo
Honyaku KanaiTetsuo
2018年05月8日, 午後 01:30 in wearables
0シェア

[Engadget US版より(原文へ)]

高度なコンピューター・インターフェイスを体に装着するなんてSFの話のようですが、ドイツのザールラント大学の研究者は、まさにそれを公開しました。「マルチタッチ・スキン」と名付けられたその素材は、プラスティックのステッカーにインクジェット・プリンターで印刷でき、スマートフォンタブレットと同じように、一度に複数のタッチポイントを認識できます。

ステッカーは、グリッド状に配置された電極を持つ2枚の層で構成されています。今の試作品では、まだタッチを制御するマイクロチップに配線が必要で、Raspberry Pi Zeroに接続されています。現在、この技術を使って4種類のインターフェイスが作られています。LED照明をコントロールするブレスレット、音楽プレイヤーをコントロールする耳の後ろに貼るステッカー、テキストメッセージが送れる前腕用のステッカー、電話に出られる手の平のステッカーです。まだ開発は初期段階ですが、ヘッドホンやスマートウォッチなどのハードウエアを使うことなく、スマートガジェットが操作できる未来が目に見えるようですね。

編集部が日本向けに翻訳・編集したものです。
原文著者:Rob LeFebvre

 

TechCrunch 注目記事「新型コロナのソーシャルディスタンス(社会的距離戦略)を強力に支援するビデオチャットアプリ8選

関連キーワード: body, controler, interface, mutlitouch, SaarlandUniversity, sticker, wearables
0シェア

Sponsored Contents