グーグル マップで新マテリアルテーマがテスト中。一部ユーザーから適用開始

「周辺のスポット」に注目です。

塚本直樹(Naoki Tsukamoto)
塚本直樹(Naoki Tsukamoto), @tsukamoto_naoki
2018年06月13日, 午前 05:00 in google
0シェア


グーグル マップのAndroid版にて、新マテリアルデザイン(Material Design)がテストされていることが海外報道により確認されました。この新デザインはすでに、一部ユーザーの環境で利用可能となっています。

上の画像は、海外テックサイトのAndroid Policeが掲載したものです。画像を見ると、現在のグーグル マップとは異なり検索バーの形状が少し丸みを帯びており、さらに周辺のスポット(Explore)に「Google ニュース」と同様のインターフェイスが取り入れられていることがわかります。

グーグルは先月に開催された開発者向け会議「Google I/O 2018」にて新マテリアルデザインを発表しており、これによりグーグルのサービス、あるいはAndroidプラットフォーム上で利用されるUI(ユーザインターフェイス)が徐々に刷新される予定です。

また、グーグルはグーグル マップの新インターフェイス「Your match」の今夏後半のリリースを予定しています。これはユーザーの行動に応じて、地図上でオススメスポットが表示されるというのものです。

今回のグーグル マップのアップデートはサーバー側でユーザーを限定して行ったものと予想されており、9to5Googleによればより多くのユーザーがこの新マテリアルデザインを利用できるまでには数週間程度が必要だとしています。

 

TechCrunch 注目記事「新型コロナのソーシャルディスタンス(社会的距離戦略)を強力に支援するビデオチャットアプリ8選

関連キーワード: android, app, google, GoogleMaps, internet, UI, user interface
0シェア